KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

古い歴史が薫る街

リマの豊かな歴史は、地元でセルカド・デ・リマとして知られている街の歴史的中心部に集結しています。16世紀のバシリカや修道院、住宅、広場といった興味深い建築物がたくさんあり、リマック川岸の貴重な歴史地区は、名誉あるユネスコの世界遺産に登録されています。

1535年にフランシスコ・ピサロが「王の都市(シウダッド・デ・ロス・レイエス)」を設立しました。名前の評判は良くありませんでしたが、街は南米の中心地に発展します。3世紀にわたり、リマは新世界そしてペルー副王領の政治、宗教および経済の首都であり、さまざまな機関がリマに設置され、教会や修道院、大邸宅、橋、広場が建設されていきました。印象的なコロニアル建築の数々は、過去の一時代を連想させます。

リマの歴史的中心地
リマの歴史的中心地

リマ

サンフランシスコ修道院

構造的な野外博物館

リマの歴史地区には、直線の道が整然とした碁盤の目のように走っていることから、ダメロ・デ・ピサロ(ピサロのチェッカー盤)と呼ばれている場所があります。このエリアはとてもコンパクトで、多くのモニュメントは旧アルマス広場であるマヨール広場から徒歩で行けるところにあります。リマ、そしておそらく南米最古の植民地時代の家であるアリアガ邸や現外務省のトーレタグレ宮殿は必見です。



サンフランシスコ修道院は非常に荘厳な複合建築物で、3つの教会、5つの修道院、図書館、複数の地下室で構成されています。フレスコ壁画や絵画、木製彫刻、何千もの古い革装の本、立派な美術コレクションで装飾された見事な建築物や古典的な内部を、45分間のツアーでガイドが案内します。19世紀初頭までリマの墓地として使われていた地下が、ツアーの一番の見どころです。ここには1万5,000人以上が眠っています。

有名なバルコニー

歴史あるリマの記念建造物を散策すると、美しい木製のバルコニーが必ず目に留まるでしょう。大司教宮殿の正面、ピラトスの家やオイドールの家、ネグレイロの家のバルコニーが有名です。コロニアル建築の特徴であるバルコニーを取り入れるよう、市が住民に勧めてきた結果、バルコニーはきちんと手入れされ、文化的かつ歴史的記念物として保存されています。

+ 詳細を表示

大司教宮殿のバルコニー
王の都市、リマ

昔から続くリマ

フランシスコ・ピサロが上陸する以前から、川沿いの集落はリマと呼ばれていました。その名の由来は明らかになっていませんが、地元の言葉であるアイマラ語で黄色の花を意味する「lima-limaq」、または、ケチュア語で「話す人」という意味の「rimaq」が起源と考えられています。スペイン人はこれを「リマック」と発音しました。ピサロは「王の都市(シウダッド・デ・ロス・レイエス)」という頼もしい名前を付けましたが、人々はリマと呼び続けたのです。