ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

米国史を語り継ぐアーリントン国立墓地

有名な戦没者慰霊施設であるアーリントン国立墓地は、ワシントンD.C.郊外、バージニアの緑の丘にあります。白い墓石が何列も並んでいて、数多くの戦争記念碑があり、実際に訪問してみると、強い感銘を受けることでしょう。軍人のほかに、ジョン・F・ケネディ大統領など有名な米国の政治家たちもここに眠っています。

米国は、ワシントンD.C.からポトマック川を渡ったところにあるこの美しい墓地で、1868年以来、戦争で戦った英雄たちを偲んできました。253ヘクタールの敷地の大部分が、南北戦争で南部連合の軍司令官を務めたロバート・エドワード・リー大佐のプランテーションでした。墓地の丘の頂上からは、米国の首都を一望することができます。遠くには米国連邦議会議事堂のドームと空高くそびえるワシントン記念塔のオベリスクが見えます。

アーリントン国立墓地
アーリントン国立墓地

ワシントン

ジョン・F・ケネディ大統領の墓に灯された永遠の炎

ジョン・F・ケネディとロバート・ケネディ

アーリントン国立墓地には35万基を超える墓があり、毎日葬儀が行われています。なかでも最も有名な墓は、ジョン・F・ケネディとジャッキー夫人のもので、先立った2人の子どもの横に埋葬されています。「永遠の炎」は暗殺されたケネディ大統領を偲んで、灯されました。弟のロバート・ケネディも暗殺され、ここに葬られました。このほか参拝者が足を運ぶのが、第一次世界大戦後に造られた無名戦士の墓です。その後も、ここには第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の身元不明の戦没者が祀られました。写真でよく見るこの無名戦士の墓のすぐそばにあるのが、全国戦没者追悼式の会場として使用される大理石の円形劇場です。

看護婦と宇宙飛行士

墓地は70区画に分かれており、戦没者が参加した戦争やそれぞれの背景ごとに祀られています。女性軍人と従軍看護婦は別の区画に葬られており、4,000名の奴隷が埋葬されている区画もあります。1日に何百人もの参拝者が訪れ、2001年以降は、その多くがイラクやアフガニスタンで戦士した兵士を含む、テロに対する戦いの犠牲者を埋葬した区画であるセクション60を参拝しています。
多くの墓石には、兵士の多大なる勇気を称え、名誉勲章など授与された軍の勲章が刻印されています。また墓地の記念碑には、1986年に起こったスペースシャトル、チャレンジャー号の爆発事故で亡くなった宇宙飛行士に捧げたものなど、米国史において人々の心を痛めた事件に関するものもあります。またアーリントン国立墓地にほど近いペンタゴン(国防総省)で起きた米国同時多発テロ事件の犠牲者のために建てられた巨大な石の記念碑もあります。

果てしなく続く白い墓石の列
墓地の衛兵交替式

衛兵交替式

1948年以来、無名戦士の墓を警護しているのが、第3歩兵連隊です。墓地の参拝者は、季節によって、30分または1時間ごとに行われる衛兵の交替式を見学することができます。交替指揮官が新しい衛兵の武器を点検し、それまで従事していた兵士の任務が終わります。そして、交替する新たな衛兵は無名戦士に厳粛に祈りを捧げたあと、任務に就きます。

写真提供

  • 墓地の衛兵交替式: MISHELLA, Shutterstock