ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ヒューストンで芸術と緑を堪能

ゆったりと流れるバッファローバイユーはヒューストンの主要河川ですが、この川の役割はそれだけではありません。バッファローバイユー沿いには、ヒューストンの劇場街とバッファローバイユー公園を結ぶプロムナードが敷かれています。広々とした遊歩道は2000年代末に全面改修されました。

バッファローバイユー・プロムナードは、ヒューストンの中心地に全長2kmにわたって伸びる緑の遊歩道です。改修により、ヒューストンに広さ9ヘクタールの公園が新たに誕生しました。遊歩道の一部として新装オープンした「サビーネ・トゥ・バグビー・ウォーターフロントパーク」には、ウォーキング、サイクリング用のトレイルが無数にあります。すべてが美しくライトアップされ、さまざまなアート作品がトレイルを飾っています。この公園の散策は、退屈とは無縁です。

バッファローバイユー公園
バッファローバイユー公園

ヒューストン

アートがいっぱいの公園

緑豊かな景観の中で、アートは重要な役割を果たしています。思わず目を引くスチール製の船は、地元の有名アーティスト、ジョン・ラネルズによる彫刻作品です。この他にも、印象的なアートがあちらこちらに展示されています。プロムナードの2つの岸辺をつなぐ歩道橋も見応えがあります。スチールとコンクリートで作られた橋はライトアップされ、建造資材にさまざまなアートが埋め込まれています。水上からの眺めもいっそう美しく、公園内の各所にカヌーやカヤックの乗り場があります。
新しく設置された歩道橋
「トレランス・アート・インスタレーション」

自発的に始まった彫刻アートの展示

ヒューストン中心部では以前からファーマーズマーケットが開かれていますが、ここに1987年、地元アーティストたちが集まって自発的に作品展示を始めました。そこからヒューストンの新しい伝統が生まれ、今日、バッファローバイユー・アートパークへと発展を遂げました。毎年春になると、ヒューストンの緑地には20~25点の新しいアート作品が展示されます。その多くは彫刻作品で、バッファローバイユーの岸辺に恒久設置され、人々の目を楽しませるものも少なくありません。地元アーティストの作品を紹介するだけでなく、国際的に著名なアーティストも出展するイベントとなっています。

“ヒューストンにダイナミックな魅力をもたらしたバッファローバイユー・アートパーク”

写真提供

  • 「トレランス・アート・インスタレーション」: Rob Albright, Flickr