ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

本物のアート

サンパウロのメインストリート、パウリスタ通りを車で走れば、すぐに印象的なサンパウロ美術館に気付くでしょう。建築の傑作とも言える建物には4本の脚のような巨大な赤色の柱があり、ガラスとコンクリートで造られた建物が地上から数メートル浮いています。まさに、南米で最高レベルの美術館です。

MASP(サンパウロ美術館)は、南半球最大の西洋美術コレクションを誇ります。ルノワール、セザンヌ、モネからレンブラント、ゴッホ、マティスまで、数多くの巨匠たちの作品に感銘を受けることでしょう。さらに、ブラジル、アフリカ、アジアの芸術家の美しい作品も展示しています。

サンパウロ美術館
サンパウロ美術館

サンパウロ

使命を持つ男

MASPの創設者である、裕福なメディア王、アシス・シャトーブリアンの使命は、国際的に優れたアートコレクションをサンパウロに持ち込むことでした。美術鑑定家のピエトロ・マリア・バルディの助けを得て、第二次世界大戦後、有名な作品を購入していきます。当初、シャトーブリアンは、自分の事務所内に複数階の展示スペースを設けて、手に入れたばかりのレンブラントやピカソの作品を飾っていました。


しかし、美術作品が展示スペースに収まり切らなくなり、新しい展示場所を探すことになります。パウリスタ通りに造った新しい美術館の設計は、バルディの妻である建築家リナ・ボ・バルディが手掛けました。市から中心部の景観を維持するよう命じられるなか、彼女が設計した長さ74mの建物は4本の巨大な柱で地上に吊り上げられます。1968年に完成したMASPは、近代建築における画期的な作品であり、サンパウロで最も目を引く建築物です。

美術館の下でフリーマーケット

他に類のないコレクション

MASPのコレクションについて、そのすべてが正当な方法で入手されたわけではないという噂があります。シャトーブリアンが、人々にお金や個人の収蔵品の一部を強制的に寄付させたと言うのです。しかしながら、13~19世紀の傑作は、確かに評判を集めるコレクションになっています。エドガー・ドガの彫刻の全コレクションを収容した展示エリアがあり、73点もの銅像は本当に圧巻です。

エドガー・ドガの彫刻
MASPの建物の下も展示スペース

文化の中心地

シャトーブリアンはMASPが単に素晴らしい美術館というだけでなく、知識や文化を広める場所となることを望んでいました。そして、それは確実に現実のものとなりました。MASPは活気のある文化の中心地と成長し、美術史に関する教育的な展示や、創造的なコース、セミナー、映画の上映会を行っています。MASPでは、常に何か新しいものを発信しているのです。また、写真、デザイン、建築の特別展示を開催することもあります。


写真提供

  • 美術館の下でフリーマーケット: Around the World in unknown Days, Flickr
  • エドガー・ドガの彫刻: Museu de Arte de São Paulo
  • MASPの建物の下も展示スペース: Michael Renner, Flickr