KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

野生動物を観察できる一番の機会:民間の保護区

広大なクルーガー国立公園の西側には数々の小規模私有保護区がありますが、これらは柵によって分離されているわけではありません。 この全域は大クルーガーと呼ばれています。 私有保護区はランドローバーに乗った典型的なサファリ体験を提供してくれます。また、通常は豪華でロマンティックな宿泊施設も用意されてあり、来訪者は高級ダイニングを楽しめます。 ここでは、あなたが何も見逃すことがないようガイドが尽力してくれるので、野生動物を観察できる可能性はより大きくなります。

クルーガー国立公園では、動物と植物を保護するため、自動車は厳格な規則に従わなければなりません。 一方の私有保護区では規則がそれほど厳しくない場合が多く、例えば、ガイドはヒョウの後を追って岩石の多い川床を沿って歩くことがあります。 これは来訪者にとって素晴らしい体験になるかもしれませんが、これにより生態に傷がつく可能性も考慮する必要があります。 私有保護区の所有者によっては、公園内の動物や自然環境を保護するための措置を自ら講じている場合もあり、これらの保護区は、その理由により、人気がきわめて高くなっています。 その好例が、マニェレティ保護区です。

道路を歩く野生動物
道路を歩く野生動物

ヨハネスブルグ

マンイェレティで過ごす夜

子供向けキャンプ

アパルトヘイト中、マニェレティ公園は、黒人のアフリカ人が立ち入ることが許されていた唯一の野生動物公園でした。 他の自然保護区は政府の資金援助によって成長を続けていましたが、この保護区に対しては長年投資がなされませんでした。 しかし皮肉なことに、マニェレティは現在、この政策の恩恵を得ています。それは、この保護区では、自然が最も純粋な形で保護されているからです。
キャンプ・ハニーガイドは同公園内にあり、その中には2つの宿泊施設があります。 コカ・モヤはお子様の来訪者に最適な施設であるのに対し、マントベニは、よりサファリキャンプらしい雰囲気に満ちています。 素晴らしい子供向けプログラムがあり、中には野生動物の足跡を作る活動などが含まれています。 また、子どもたちはサファリにも出かけることができ、ガイドが子どもたちの希望を取り入れてくれます。 マントベニで最高の体験といえば、応接セットがそろいペルシャ絨毯が敷かれ、ロマンチックに照明が施されたサファリテントで、ヘミングウェイのように夜の時を過ごせるということでしょう。

+ 詳細を表示

地図ビュー

10 Bompas Road, Dunkeld West, 2196

想像性に満ちた宿泊施設

ジューマはサビ砂漠の北部の保護区にあり、2つの宿泊施設から構成されています。 ブッシュ・ロッジは多様な森林地帯の中にあるリラックスした雰囲気の施設で、8つのわらぶき屋根のシャレーにより構成されています。一方のヴヤテラはタウンシップの芸術形式を取り入れた一風変わった装飾が施されており、トレンディながらも伝統的なアフリカの雰囲気を醸し出しています。 図書館とマッサージをしてもらえる健康センターもあり、敷地内全域でインターネットを利用できます。 ジューマはまた、地域コミュニティのために尽力している組織でもあります。 ゲームドライブの合間には、伝統的な村を訪問できる小旅行があります。 ジューマは、近隣する Dixi 村の保育園を支援しています。

+ 詳細を表示

ヴヤテラ・ロッジ

地図ビュー

Sand Wildtuin 1363、南アフリカ

マラ・マラで野生動物観察

子どもも大歓迎

マラマラは、アフリカ南部でも有数で、最も高級なゲームロッジのひとつです。 このリザーブは素晴らしい動物観察ができるほか、良質な食事と親切なガイドでも有名です。 「お金持ちと有名人」が来る場所として有名になっているものの、依然としてリラックスした魅力的な雰囲気があります。 このリザーブには3種類の宿泊施設があります。メインキャンプは最もお手頃ですが、セーブル・キャンプとラトレイズ・キャンプはより高級で、高額です。 しかし、そのような他の宿泊施設とは異なり、ここでは子どもも大歓迎です。 ランドローバーに乗った家族客とガイドがここではよく見受けられます。

+ 詳細を表示

地図ビュー

Ehlanzeni、南アフリカ

写真提供

  • マンイェレティで過ごす夜: Reis. In stijl., Flickr
  • ヴヤテラ・ロッジ: David Berkowitz, Flickr