KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

バイセンテニアル公園

バイセンテニアル公園は、シドニー市街地から16kmほどの場所にあり、ベルヴェデーレ池のほとりの芝生は、ピクニックに最高のスポットです。ランチの前に、散歩をしたり、レンタル自転車で美しい環境を楽しめばきっと食欲が刺激されることでしょう。また、この公園はバードウォッチングにも最適で、マングローブの木々の間を通る木の歩道を歩いて回ることができます。

バイセンテニアル公園はとても新しく、1988年にオーストラリア建国200年を記念して造られた公園です。パラマッタ川周辺の湿地帯は自然保護区に指定され、近くにあったゴミ捨て場はレジャーエリアに生まれ変わりました。また、公園のすぐ隣には、2000年のシドニーオリンピックのためにオリンピック村とスタジアムが建設されました。現在、バイセンテニアル公園は、アウトドアを楽しむ幅広い年齢層の人々に人気のスポットとなっています。

バイセンテニアルタワー
バイセンテニアルタワー

シドニー

野鳥の楽園

バイセンテニアル公園には40ヘクタールの自然保護区があります。広い緑地帯のほか、ベルヴェデーレ池やパウエルズクリークなど豊かな水源もあり、複数の泉からもマングローブの森へと水が流れています。当然ながら、この公園にはたくさんの野生動物が集まってきます。ホームブッシュ湾の湿地帯には海水にすむ動物たちの住処となっており、マングローブの森は、藻を食べる甲殻類が生息しています。特に川の湿地帯に広がる4ヘクタールの水鳥保護区では、鳥が目を引きます。鳥観賞用の特別スクリーンがあり、鳥をすぐ近くで観察することができます。いろいろな種類のカモや長い脚が特徴の渉禽類のほか、オオソリハシシギやウズラシギなどの渡り鳥も生息しています。

パウエルズクリーク

たっぷり遊んでバーベキューも楽しめる

公園には砂場、滑り台、ジャングルジムやブランコなど、体を動かせる遊具もあります。子どもに大人気なのがウォーターパーク内の噴水。普段は濡れないように飛び出す水を避けながら遊んでいますが、暑い日には我先にとびしょ濡れになってはしゃいでいます。カフェ「リリーズ・オン・ザ・パーク」では、ドリンクと軽食をいただけます。ビジターが無料で使用できる電気式のバーベキュー器具もあります。

+ 詳細を表示

“リリーズ・オン・ザ・パーク・カフェで電気式バーベキュー器具をレンタルできます”

地図で場所を見る

Bicentennial Park, Australia Avenue, Homebush

写真提供

  • パウエルズクリーク: Brian Yap, Flickr