ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

地上の楽園、ボカス・デル・トーロ

ボカス・デル・トーロとは、パナマ西部にあるエキゾチックな群島の名前です。パールホワイトの砂浜。澄み切ったブルーの海。誰にも邪魔されず静かにくつろぐには絶好のスポットです。スイミング、シュノーケリング、ダイビングなどで自然を満喫しましょう。どの島にも、美しい熱帯雨林があります。

ダイビングをしてみれば、ボカス・デル・トーロが「パナマの宝物庫」と呼ばれている理由がわかります。水中はカラフルな熱帯魚、サンゴ礁、ウミガメでいっぱい。シュノーケリングにも最適です。ボカス・デル・ドラゴ、クリストバル島のサンゴ礁、サパティージャ島をのぞいてみましょう。ホスピタル・ポイントは、ナイトダイビングに人気のスポット。イルカ、ウミガメ、トビエイ、コモリザメに出会えるチャンスです。

カリブ海のトロピカルなバンガロー
カリブ海のトロピカルなバンガロー

パナマシティ

バスティメントス島のヤシの木

トロピカルなビーチでリラックス

バスティメントス島には、レッド・フロッグ・ビーチ、プラヤ・ラルガ・ビーチという2つの美しい砂浜があります。レッド・フロッグ・ビーチの名前は、この辺りの熱帯雨林にのみ生息する鮮やかな赤色のカエルに由来しています。とても小さなカエルで、まち針の頭ぐらいしかないのですが、毒があるので要注意。バスティメントス島は、遊泳禁止のビーチとしても知られています。4月から8月にかけて、ウミガメが産卵にやって来るからです。見られれば一生の思い出になるでしょう。
ボカス・デル・トーロの島々

熱帯の州都で楽しむグルメ

群島で成る州の州都は、コロン島にあるボカス・デル・トーロ(市)です。この地域の人々が大変な食通であることは、疑いの余地がありません。街の中心部には、アメリカ料理のナイン・ディグリーズ(Nine Degrees)、アジア料理のレモングラス(Lemongrass)、地中海料理のカスバ(Casbah)、インド料理のOMと、グルメなレストランが選りどりみどり。街を少し出たところにあるグァリ・グァリ(Guari Guari)は、地元の食材を使った料理が自慢です。
コロン島のトロピカルなキャビン
エスクード島に生息するヤドクガエル

熱帯の密林で動物観察

ボカス・デル・トーロの群島はどこも、美しい砂浜と熱帯の密林に恵まれています。森の中には、サル、ナマケモノ、熱帯の鳥類、色鮮やかなカエルが生息しています。ボカ・デル・ドラゴ最大の見どころは、3種類のコウモリが住んでいるグロットと呼ばれる洞窟。この群島には土着の先住民も住んでいて、バスティメントス島に住む愛想の良いノベ・ブグレ族などが知られています。