KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

オーストラリア発祥の地、ボタニー・ベイ

ボタニー・ベイは、シドニーの都心から数キロ南にあります。ここは、ジェームズ・クック艦長率いる英国軍が、1770年に初上陸した場所。今ではボタニー・ベイ国立公園の一部として、美しい景色、自然の中の遊歩道、素晴らしい博物館に囲まれています。

英国人は、当初、エイが多数集まっているのを見て、「スティングレイ・ハーバー(エイの入江)」と名付けました。しかし、到着からわずか2、3日の間に、3,000種を上回る新種の植物が発見され、スティングレイ・ハーバーは「ボタニー・ベイ(植物の入江)」に改称されました。

ボタニー・ベイから望む海
ボタニー・ベイから望む海

シドニー

キャプテン・クックの上陸地

ジェームズ・クックの足跡を辿って

キャプテン・クックが初めて上陸した場所は、湾の南端です。いまでは「キャプテン・クック上陸地」として、細長い石の記念碑があります。ビジターセンターでは、さまざまな展示物がボタニー・ベイの歴史を物語ってくれます。しかし、キャプテン・クックの上陸以降、原住民のアボリジニたちは、先祖代々の土地から追い出されたり、殺されたりするようになりました。

第一船団

キャプテン・クックの上陸から18年後の1788年1月、イギリスから「第一船団」が到着します。囚人を含む約1,000人の入植者が11隻に乗り、最初のイギリス植民地を建設するために到着しました。2日後、アーサー・フィリップ船長がイギリス連邦を代表して領土を主張し、シドニー・コーブにイギリスの国旗を立てました。現在、1月26日は国民の祝日、「オーストラリアの日」です。シドニーを始め、各地でさまざまなお祭りが開かれ、イベントの内容も毎年異なりますが、最後は盛大な花火で締めくくるのが伝統となっています。

シドニーの盛大な花火
ラ・ペルーズ博物館

ラ・ペルーズの悲運

第一船団の到着と同時期の1788年1月、ボタニー・ベイに上陸したもう1人の探検家がいました。フランス人探検家ラ・ペルーズ伯爵です。ラ・ペルーズ伯爵は、開拓者に貴重な物資を提供しました。しかし、何度も旅を重ねるうち、船が謎の沈没を遂げます。何年もたってから難破船が見つかったのは、ソロモン諸島でした。ボタニー・ベイの北端には、主にラ・ペルーズ伯爵とその船団を紹介するラ・ペルーズ博物館とビジターセンターがあります。当時の地図、航海計器、難破船から発見された遺品などを見学しましょう。

鳥と魚

ボタニー・ベイの魅力は、歴史と自然の両方を楽しめる点にあります。美しい国立公園には珍しい土着の植物、数十種に上る鳥類が生息し、豊かな海中世界が広がります。スキューバダイビングにも大人気。素晴らしい遊歩道があり、何キロも白砂のビーチが続いています。クイブレー・ベイの観察台はバードウォッチングに最高の場所です。

カオジロサギ

写真提供

  • カオジロサギ: Foto White-faced heron: Tony Rodd, Flickr