KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ブリストル大聖堂

ユニークな建築物として世界的に有名なブリストル大聖堂には、9世紀近くにわたる歴史があります。元々は修道院として設計されましたが、19世紀に大規模な改修が行われ、現在の形となりました。いわばヴィクトリア様式の外装を持つ中世の建物です。

ブリストル大聖堂は、典型的なホール式教会で、身廊、礼拝堂、内陣がすべて同じ高さになっています。西側の塔と身廊は19世紀に施工され、大聖堂の最も古い部分の僧会堂は12世紀に遡ります。裕福な地主、ロバート・フィッツハーディングの命により、ローマ様式で建築されました。石壁には複雑な彫刻が施されています。この部分だけでも、ブリストル大聖堂を当時の極めて重要な建築物とする価値があります。

ブリストルに威風堂々と建つ大聖堂
ブリストルに威風堂々と建つ大聖堂

ブリストル

7世紀にもわたる建築プロジェクト

ブリストル大聖堂は、豊かな貿易の街の外れに、当初アウグスティノ修道院として建てられました。しかし修道院が建つ前から、この丘はスピリチュアルな場所でした。イングランド国教会の初期には、ここに聖ジョルダヌスの教えを信じる人々が集まりました。初期の歴史を伝える貴重な証拠として当時の石が保存され、大聖堂に組み込まれています。

この大聖堂は、ブリストルのさまざまな歴史的な出来事に登場します。例えば、1831年は議会改正法案に反対する人々により攻撃をされました。司教の宿舎は破壊され、僧会堂もかなり損傷を受けました。図書館の火災では、数多くの貴重な古文書が焼失しました。

+ 詳細を表示

ブリストルの中央にあるカレッジグリーンに建つブリストル大聖堂

地図で場所を見る

College Green, Bristol

発見された宝

1831年の騒動は、幸運な偶然ももたらしました。修復作業中に破損した床下からキリストの地獄への降下を描いた大きな石版が見つかったのです。この「キリストの地獄への降下」は、イギリスによるノルマン征服時代の以前の、最も重要な美術品であるとされています。