ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

セントラルパーク:ニューヨークの緑の中心地

マンハッタンの中央に広がるのが、ニューヨークの緑の心臓部、セントラルパークです。この巨大な公園内には、ピクニックエリア、子供の遊び場、池、スポーツ広場などが点在しています。多忙なシティライフで溜まったストレスを解消するためにニューヨーカーが向かう場所がここ。日曜日には公園内の道路が車両通行止めになり、ローラースケートや自転車、ジョギングを楽しむ人々で賑わいます。

ニューヨーク市では1821年から1855年の間に人口が4倍増となり、大規模な公園が必要とされるようになりました。セントラルパークがオープンしたのは、それから16年後の1871年。今ではニューヨーク市内で最も心地良い場所に挙げられます。セントラルパークは、四季を通じて観光客と地元市民の間でとても人気です。

セントラルパークの眺め
セントラルパークの眺め

ニューヨーク

摩天楼を背景にスケート

活気あふれるセントラルパーク

セントラルパークは、年間を通じて利用客が途絶えることがありません。夏には数多くのコンサート(「サマーステージ」)や演劇(「シェークスピア・イン・ザ・パーク」)が催されます。屋外の大型スクリーンで映画を見られる映画フェスティバルも、人気のイベントです。敷物と軽食を持参して、夏の夜風に当たりながら、楽しいひと時が過ごせます。冬には、公園内のウォルマン・スケートリンクやラスカー・スケートリンクで数千人というニューヨーカーがスケートを楽しみます。特にウォルマン・スケートリンクは、数々の映画にも登場しました。ニューヨークの摩天楼を背景にしたスケートは、とびきりロマンチックです。

公園内の特別な場所

公園内でも最も有名かつ人気のスポットのひとつが、ストロベリー・フィールズ。ビートルズのジョン・レノンに捧げられた記念碑です。モザイクで造られた記念碑には、「Imagine」(レノン最大のソロヒット曲のひとつ)の文字が刻まれていて、西72丁目にあるダコタハウスの真向かいに置かれています。ダコタハウスに住んでいたレノンは、1980年に建物の入口前で銃弾に倒れました。
不思議の国のアリス像も、多くの人々(子供たち)が訪れる名所です。アリスのほか、この有名なおとぎ話に登場する多数のキャラクターが描かれていて、白ウサギや帽子屋などの姿が見えます。この像は1959年、ルイス・キャロルの魅惑の世界を子供たちが体験できるようにするために設計されました。他の彫像とは異なり、アリス像は子供が登って遊んでもよいことになっています。恋人とロマンチックな時間を過ごすなら、湖でゴンドラ船を予約しましょう。

不思議の国のアリス像

セントラルパークを空から一望

一度中に入ってしまうと、セントラルパークがどれだけ大きな公園かは理解しにくくなるものです。プラザホテルに滞在していない方にとって、空から眺める最高のスポットは、トップ・オブ・ザ・ロックです。高速エレベーターでロックフェラーセンターの屋上に上がり、展望台から見下ろすことができます。ぜひ日中のうちにこの景色を眺めてください。夜には、マンハッタンのきらびやかな夜景の中に沈む、ただの真っ黒な穴になってしまうからです。

ロックフェラーセンターからの眺め

写真提供

  • 不思議の国のアリス像: Jorg Hackemann