KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

天国と地上の街、新天地

中国の他の都市と同じく、上海のナイトライフも幅広い娯楽スポットがいくつかのエリアに集中しています。カフェやバーはいつも大賑わい。大きなナイトクラブでは世界的に有名なDJを招き、特別イベントを開催します。最高のエンターテインメントのラインナップは要チェックです。

人気のある主な娯楽エリアは新天地で、文字通り「新しい天国と地上」を意味します。20世紀初めの上海では、ほとんどの人は門で仕切られたコミュニティにある「石庫門(シクメン)」という伝統的な住居で暮らしていました。多くの石庫門は近代的な高層ビルに取って代わられましたが、新天地では石庫門を保存し、新たな使い道を見出しました。華麗なる変身を遂げて、アートギャラリーやバー、レストランが並ぶ最先端の娯楽地区が誕生したのです。

盧湾のビル群を背景にした新天地地区
盧湾のビル群を背景にした新天地地区

上海

日が暮れるまで

新天地は、日中もたっぷり楽しめます。ハイセンスな店がたくさん並んでいるのも、この地区の特徴です。世界的な高級ファッションブランドや才能あるアジア人デザイナーの最新コレクションが見られるショッピングセンターから、美しい陶器の店、帽子屋や宝石店もあります。買物が大好きな人には「上海トリオ」がお勧め。伝統とモダンを兼ね備えた中国風のユニークな服やアクセサリーを扱っている小さなショップなので、特別なお土産を選ぶのに、ぴったりです。また、中国で有名な高級ブティック「上海灘(シャンハイタン)」の新天地店にも立ち寄りましょう。とても素敵な店構えをしている上海灘は、中国の豪華なライフスタイルブランドで、服の1点1点が持つ鮮やかな色と伝統的な「中国らしさ」が特徴です。スタイリッシュな食事をしたいなら、上海灘の向かいのビルの2階にある「上海灘レストラン」がお勧めです。夜モードに突入するなら、3階の「上海灘カフェ」で、上海風マティーニの「シャンハイティーニ」をどうぞ。

上海灘のウィンドウディスプレイ
過去と未来が現在に集まった新天地

音楽も充実

新天地では、日が暮れると音楽の出番です。この地区は、特に国際色豊かな音楽で知られています。最も人気のあるナイトクラブの1つである「ブラウンシュガー」では、R&Bやヒップホップからワールドミュージックやジャズまでさまざまな音楽が流れます。ライブ演奏ではいろんな客層が大いに盛り上がります。もう少し抑えた雰囲気のバー、「ピープル7」は謎めいた入口が特徴です。どうやってドアを開ければいいか頭を悩ませてしまいます。店内はおしゃれなラウンジバーで、試験管に注がれたとても珍しいカクテルを楽しめます。

夕暮れ

写真提供

  • 上海灘のウィンドウディスプレイ: Choo Yut Shing, Flickr
  • 過去と未来が現在に集まった新天地: SimonQ, Flickr
  • 夕暮れ: jay.tong, Flickr