ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

シンプルでエレガントなデンマークデザイン

デンマークが最も世界に誇るデンマークデザイン。美しいラインとシンプルなフォルムが生み出す形は、簡素でありながらも上質な雰囲気が漂い、多くの人々に愛されています。デザイン界において、デンマークデザインは「機能的なデザイン性」という理念を重視しているとして世界的に評価されています。

1950年代にデンマークのデザイナーがさまざまな新しい技術に簡潔性と機能性を採り入れ、大量生産を可能にしたことから、すべては始まりました。家具から食器、自転車、電化製品に至るまで、デンマーク人が手掛ける時代を超えた製品が広く人気を集めました。アーネ・ヤコブセンの椅子「エッグ」や「スワン」、ポール・ヘニングセンの「アーティチョークランプ」など、名作の数々は、誕生から数十年を経た現在も引き続き生産されています。デンマークデザイン発祥の地、首都コペンハーゲンのスタイリッシュな街を歩けば、思いがけない場所ですばらしいデザインを目にすることができます。

アーネ・ヤコブセンの有名な椅子「エッグ」
アーネ・ヤコブセンの有名な椅子「エッグ」

コペンハーゲン

デンマーク発のデザインを鑑賞

コペンハーゲンを探索するなら、まずはチボリ公園へ。このテーマパークでは、木製のローラーコースターやカラフルなメリーゴーラウンドで遊んだり、ポール・ヘニングセンのデザイン鑑賞ができるので、大人も子どもも楽しめます。先駆的な建築家兼デザイナーであるヘニングセンは、園内の湖の周りを飾る2,000本の照明灯を設計しました。照明灯にはすべて小さな原動機がつき、中軸に沿って回転するようになっています。

チボリ公園の背後にあるのは、世界のデザイナーホテル第1号と言われる「ラディソンブルロイヤルホテル」。建物の内外で、デンマークデザインの生みの親、アーネ・ヤコブセンのデザインが随所に見られます。かの有名な椅子「エッグ」と「スワン」は、このホテルのために作られました。606号室はヤコブセンを称える部屋として、創業当時の姿で残されています。ヤコブセンのデザインの雰囲気に浸ってみたいという方は、ホテル内のエレガントなバーで夕べを過ごすのもいいでしょう。

コペンハーゲンの選り抜きのデザイナーストリートといえば、ブリゲードです。ここには、ジョージ・ジェンセンやハンス・ウェグナーなどデンマーク人デザイナーの作品を専門に扱う居心地のよいアンティークショップが多数あります。また、有名オークションハウスの「ブルン・ラズムーセン」やデザインミュージアムもあります。このミュージアムには、コーア・クリント、ポール・ヘニングセン、アーネ・ヤコブセンといったデンマークのデザイナーが手掛けた作品を含め、世界中から集めた工業製品が展示されています。また、館内のカフェには、クリントの名作「フルーツランプ」のレプリカがあるので要チェックです。

+ 詳細を表示

ビルン近郊のレゴランド

楽しいブロック

カラフルなレゴブロックもデンマーク生まれ。今や世界的商品となったレゴブロックですが、もともとはビルンという小さな町に住む、ある木工師が副業で子ども用の玩具としてシンプルな木製ブロックを作ったのが始まりでした。「LEGO」(レゴ)という名前は、デンマーク語の「leg godt」(よく遊べ)を短縮して、この木工師が名付けたものです。レゴは発売されると瞬く間にヒット商品となりました。ジェットコースターやレゴブロックで組み立てた建物を集めたテーマパーク「レゴランド」は、ビルン近郊にあります。

モダンなオペラハウス

最先端のオペラハウス

アマリエンボー宮殿の対岸に位置するホルメン地区にあるのが、コペンハーゲンのオペラハウスです。デンマーク人建築家のヘニング・ラーセンが手掛けました。設計にあたり、ラーセンは苦戦を強いられましたが、現在では世界屈指のモダンなオペラハウスとして評価されています。設計のポイントは、斬新で耐久性があり、しかもメンテナンスが低コストに抑えられるという点にありました。ガラス、石灰岩、金属で作られた鮮やかなシルエットは、まさに時代を超えるデンマークデザインの代表的な例と言えます。運河沿いという絶好のロケーションです。