ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ハーガで美味しい食事と素敵な時間を

かつて労働者の居住地区だったハーガは、ここ数十年の間にヨーテボリで最もトレンディなエリアとなりました。この地区にある美しい木造の建物は、かつては街で最も貧しい人々の住まいでした。しかし、今ではこうした家々にトレンディなショップができ、オシャレなスウェーデン人が最先端のファッションアイテムを探したり、いくつもあるレストランやカフェでテーブルを占拠したりしています。

ハーガが生まれ変わるきっかけとなったのは1980年代のこと。目利きの不動産業者たちが歴史的価値の高いこの地区の住宅群に目をつけたことに始まります。1階部分が石造、上層の2つの階が木造という独自の建築様式だったため、改修を行うことで非常に魅力的な住居や商業スペースとなりました。それ以来、この地区はアンティーク、ファッション、デザイナーショップなどが集まり、他のエリアとは一線を画しています。

色とりどりのヨーテボリの家
色とりどりのヨーテボリの家

イエーテボリ

19世紀のハーガバーデット

ハーガバーデットでリラックス

美しいアールヌーヴォー様式の浴場、ハーガバーデット(Hagabadet)は、スウェーデンの慈善家、スヴェン・レンストロムが19世紀末に開業しました。現在、この公衆浴場がスウェーデンのエリートたちのウェルネス施設になっているとは、当時の工場・港湾労働者たちは知る由もないでしょう。ここは建築を見るだけでも訪れる価値がありますが、スウェーデン式のスパトリートメントも大きな魅力です。浴場にはレストランもあり、天候の悪い日もここでたっぷりと至福の1日を過ごすことができます。

カフェ・フサレンで伝統のスイーツを

かつては薬局、帽子店、銀行として使われていた建物にある人気のカフェ「カフェ・フサレン」。この店で有名なのは「カネルブッレ」というシナモンロールです。この甘いペストリーの発祥地であることはあまりよく知られていませんが、その美味しさは絶品。1999年にはホームベーキング委員会が、このシナモンの香り高いスウェーデン名物にちなんで記念日を制定したほどです。それ以来、10月4日は「カネルブッレの日」として知られています。19世紀当時の雰囲気でカネルブッレをいただけるのが、ハーガ地区のメインストリート、新ハーガ通り(Haga Nygata)にある「カフェ・フサレン」なのです。美しいガラスの天井も必見です。

スカンセン・クローナンからの眺め

眺望を楽しむ

17世紀のスカンセン・クローナン要塞は、ハーガ地区にあるリソスベルエット(Risåsberget)という丘の上にあります。この要塞は、デンマークの侵入からヨーテボリを防衛する目的で、港がよく見える場所に建設されました。しかし、侵攻に遭ったことは一度もなく、大砲も使用されずに終わりました。現在、要塞にはレストランがあり、夏の間は隣接する兵舎もカフェとなっています。晴れた日には、アイスクリームやケーキを食べながら、街や港の眺めを楽しもうと、多くのヨーテボリ市民がここを訪れています。

写真提供

  • 19世紀のハーガバーデット: The Hamster Factor, Flickr
  • スカンセン・クローナンからの眺め: mallol, Flickr