KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ディナーとダンス

バンコクが生き生きとしているのは昼だけではありません。むしろ夜の方が活気づいていると言ってよいでしょう。オシャレな屋上カクテルバーやナイトクラブから、素晴らしいダンスパフォーマンスまで、華やかなナイトライフで有名です。これぞタイという経験ができるディナーショーに参加して、エンターテイメント三昧の夜を過ごしてみてはいかがですか? 踊り、芝居、音楽でパフォーマーたちがタイの歴史や文化を語る傍らで、最高のタイ料理をお楽しみください。

古典的なタイの舞踊はゆっくりとしたリズム、ドラマチックな顔の表情の変化、そして優雅で眩惑的な手の動きが特徴です。すべての物語と振りは、決まったポーズで構成されており、そのポーズの1つひとつにそれぞれ、幸せ、情熱、悲しみといった意味があります。伝統舞踊のパフォーマンスでは、観客から見えないところにオーケストラがいます。ゆったりとしたリズムにあわせて踊るには、高度なバランス力と体のコントロールが必要です。その動きには、思わず目を奪われてしまいます。

タイの踊り手の優美な手の動き
タイの踊り手の優美な手の動き

バンコク

チャオプラヤー川の岸

水辺のロマンス

マンダリンオリエンタルホテルのレストラン「サラリムナーム」では毎晩、ロマンチックな雰囲気の中、異文化体験ができます。ボートが光をきらめかせながら通り過ぎるチャオプラヤー川ほとりのテラスで、ディナーショーをお楽しみください。レストランには、豪華な装飾が施されたチーク材の張り出しがあり、踊り手が温かい竹笛の音色にあわせて、優雅に、そしてしなやかに、テーブルの間を踊って回ります。これほどタイのダンスをロマンチックに楽しめる場所は他にないでしょう。

+ 詳細を表示

ヤムタレー

サラリムナームでの食事

サラリムナームは魅惑的なダンスパフォーマンスが楽しめるほか、グルメを満喫する場所としても、とてもお勧めです。ロン プー タレー(蟹のココナッツミルクディップ)、ヤム タレー(スパイシーシーフードサラダ)、マッサマン ヌア(さつまいもと玉ねぎの入ったビーフカレー)など、とてもおいしいタイ料理をいただくことができます。

Mandarin Oriental, Soi 40, Th Charoen Krung Google maps

壮大なカルチャーショー

世界最大級の劇場パフォーマンスを見たいなら、サイアムニラミット劇場へ。タイの歴史や風習が美しく演出されたパフォーマンスでは、150名以上の演技者が500着以上の衣装をまとって登場します。セットの数は120もあり、2頭の象もお目見えするという忘れられない壮大なカルチャーショーです。観劇前にはビュッフェレストランの「サイアムサワディー」で、タイ各地の美味しい軽食を楽しめます。

サイアムニラミット劇場

写真提供

  • サイアムニラミット劇場: Mark Thin, Flickr