KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

砂漠に描かれたミステリー

何世紀も昔に描かれたミステリーが、リマから約400km離れたパンパの赤褐色の砂漠に広がっています。このナスカの地上絵は、動物や昆虫、架空の生物など、およそ300種類の図形で構成されています。有史以前の創造物であり、規模は何kmにもおよび、2,000年が経過した今もくっきりとその姿を認識できます。ナスカの地上絵は、1994年にユネスコの世界遺産に登録されました。

ナスカの地上絵の謎は、今なお解き明かされていませんが、紀元前500年から西暦500年の間に、この地域に存在した3つの異なる文明が作り上げたとする説が有力です。これらの地上絵を鑑賞する方法はいろいろありますが、巨大であるため、全体を見るにはかなり高い場所に行くしかありません。周辺の山々やパンアメリカンハイウェイ沿いの展望台から絵の一部を見ることができますが、やはり飛行機から見るのがベストでしょう。

パンパに広がるナスカの地上絵
パンパに広がるナスカの地上絵

リマ

ナスカの地上絵

ナスカの地上絵は、リマから南に約400km離れた場所にある広大なパンパ(平原)に描かれています。最寄りの都市は、イカやナスカです。リマには、これらの都市に運行するバス会社が数多くあり、移動に要する時間は、およそ7時間。日帰りツアーを予約するのがオススメです。ツアーには、リマからのバス移動のほか、ナスカの地上絵を上空から見る観覧飛行も含まれています。


ナスカで宿泊することも可能ですが、日帰りでリマに戻ることもできます。


地上絵は、幾何学模様のほか、動物を描いた見事な作品もあります。最も保存状態の良い地上絵はハチドリ、クモ、サルで、これらの絵は、宗教的な意味を持っていたと考えられています。考古学者によると、ナスカの地上絵は巨大な天文暦を形成しており、それぞれの絵は太陽の軌跡を表しているそうです。地元の農民は、この複雑な絵を用いて農耕周期を見極めながら農業を行っていたと言われています。

ナスカ地上絵遊覧飛行

ナスカの地上絵の制作方法とは?

巨大な地上絵は、2つの技術を用いて描かれました。その1つは、作り手たちがレリーフの中に岩や石を積み上げるというものですが、多くは、パンパの赤い岩を掘り出し、より明るい色の下層土を露出させることで描いていたようです。なぜこれほどまでに大きい絵を描いたのか、その理由は明らかになっていません。約2,000年前に熱気球のようなものが存在していた可能性は、現在は否定されているため、上空から絵を鑑賞していたという説は考えづらいですが、空にいる神々から見えるように大きい作品を作ったという説が有力になっています。

“空にいる神々から見えるように大きい作品を作ったという説が有力。”

宇宙飛行士

宇宙人

「宇宙飛行士」と呼ばれる特徴的な絵が最後に見つかったのは、1980年代後半のこと。宇宙飛行士のヘルメットを着用しているような姿で手を振る人物が描かれていたため、大きな物議を醸しました。ナスカの地上絵の制作には宇宙人が関与しているという説はいまだに存在し、地上絵が宇宙人の着陸ポイントを示していると信じる人たちのロマンをかき立てています。