KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

海辺の灯台として活躍したオランジェ城砦

オランジェ城砦は、ボネールの中心地であるクラレンダイクの中央にあります。1639年に建てられた小さな要塞は、島最古の石造建築です。オランダ王室にちなんだ名前から、ボネールにはオランダ領としての長い歴史があることを思い出させます。その昔オランダ船は、遙かかなたの海上から見える灯台を頼りに、安全に港を目指したのでしょう。

ズシリとした大砲と圧倒的な4mの高さの壁が、その歴史を物語っています。オランジェ城砦は、島を守るためにオランダ人によって建てられました。その後、20世紀には監獄、警察署、消防署などに使用され、現在はボネールの歴史を語る品々が展示されています。

クラレンダイク
クラレンダイク

ボネール

植民地時代のボネール

1499年、スペイン人がヨーロッパ人として最初にボネールに上陸するものの、金がないことがわかると、落胆してすぐに去っていきました。1636年になると、西インド会社の商人に率いられたオランダ人が島を占拠します。そして当時「白い黄金」と呼ばれていた塩の産地として最適であることが分かると塩田を作りました。そして3年後、イギリス人、フランス人、スペイン人、海賊たちの攻撃から貴重な塩貯蔵庫を守るためにオランジェ城砦を築いたのです。その後300年間、ボネールは製塩で栄えることになります。


1804年、ボネールはイギリス人に占領されますが、オランダ人が1816年に奪還しました。オランジェ城砦の建物は、当時も健在でした。この頃、1837年まで島の司令官が住んだ知事公邸が建てられます。その後、公邸は監獄として使用されました。そして、1868年に木造の灯台が建てられ、1932年に現在の石造りになりました。


城砦の向かいには、さわやかなミントグリーン色の建物があります。これは税関事務所で、到着した船長は、ここで上陸登録をしました。敷地内には、立派な階段とベランダがある司令官事務所もあります。しかし、どういうわけかこの建物のほとんどは使われておらず、最上階のみ、オランダ人が使用していました。

+ 詳細を表示

地図を見る

オランジェ城砦(ボネール、Kaya C.E.B. Hellmund)

沈黙を守る大砲

オランダ人は城砦を建てるとすぐに、防御のため、高い壁に4基の巨大な大砲を設置しました。しかし、礼砲以外に使用されることはなく、イギリス人が島を征服しに来た時でさえも、敵に向かって発射されることはありませんでした。現存している大砲は、イギリス人が占拠中、旧大砲をイギリスの大砲に交換したものです。

オランジェ城砦の大砲

写真提供

  • オランジェ城砦の大砲: Photo Canon at Fort Orange: Roger Wollstadt, Flickr