KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ジュネーブ:水辺の楽しみ

世界一小さな大都市と言われるジュネーブは、レマン湖の南西端を囲む位置にあります。レマン湖は、湖面の大噴水「ジェッドー」で知られる美しく魅惑的な湖。マリーナからアングレ庭園へ、そして新古典主義建築のホテルが建ち並ぶ岸辺を散策してみませんか? また、蒸気船に乗りこめば、モンブランの山やブドウ園、そして古城がたたずむ湖畔の風景が楽しめます。

ジュネーブでは、水辺はいつもそばにあります。風格ある建物のすぐ外に、アルプス地方最大の湖、レマン湖が広がっているというだけではありません。レマン湖から街の中心部を通り、フランスとの国境までローヌ川が流れています。ローヌ川の北岸には、ジュネーブに拠点をおく国際機関のほとんどが集まっています。一方、南岸にあるのは旧市街。何百年もの歴史を誇る大聖堂の塔に登れば、ジュネーブ市街とアルプスの山々、そして湖という素晴らしい眺めが楽しめます。

夕暮れの大噴水

高圧でしぶきを上げる大噴水

レマン湖の港から沖合へ向かったところに、140mの高さに水を噴き上げる大噴水「ジェッドー」があります。もともと給水装置の制水弁があり、減圧のために時折水を噴出していましたが、1951年から現在の噴水の形になりました。以来、時速200kmの勢いで噴水し、水しぶきが霧のように落ちていきます。虹が現れることもあります。

ジュネーブ市民のお気に入り

ジュネーブ市民にお気に入りのスポットを尋ねれば、バンデパキと答える人が多いはず。この湖畔の屋外施設は、冬はサウナやトルコ風ハマムとなり、夏にはプールとして開放されます。また夏の日曜日の夕方には、太極拳の無料レッスンが行われます。お腹がすいたら、桟橋の上で名物のチーズフォンデュを味わってみてはいかがでしょう。港に沈む夕日を眺めるのにお金はかかりません。

バンデパキ
湖畔のブドウ園を見ながら進むクルーズ

ベルエポックの蒸気船

湖の眺めはそれだけで十分満足できるものですが、湖上から見るパノラマの景色はまさに壮観。ベルエポックの蒸気船に乗れば、大噴水だけでなく、湖畔のブドウ園や古城に彩られた絶景が楽しめます。お天気に恵まれれば、雪を頂いたモンブランも見渡せます。クルーズは1時間の遊覧コースのほか、美味しい料理が楽しめる豪華な「湖上のグルメ・クルーズ」コースもあります。船から見えるブドウ園で作られ、有名な賞を受賞したこともあるワインをご賞味ください。

写真提供

  • バンデパキ: Michelle, Flickr
  • 湖畔のブドウ園を見ながら進むクルーズ: Michelle, Flickr