KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

国立美術館の黄金時代

1885年にオープンした国立美術館は、今なおアムステルダムの美術館広場で最も風格ある建物ですが、所蔵コレクションのすばらしさも外観に劣りません。レンブラント・ファン・レインの世界的に有名な作品「夜警」など、オランダ黄金時代の巨匠たちの代表作が揃い、毎日多くの人が訪れます。

国立美術館は、何回通っても、常に新しい発見があります。P・J・H・カイペルスが設計したこの建物には、オランダの歴史を物語る数千点もの芸術品が所蔵されています。展示室は世紀別に整理されていて、同世紀の絵画と他の芸術作品を一緒に展示するユニークなスタイルになっているため、その時代の歴史的枠組みを見て取ることができます。特に重点を置いているのが黄金時代の芸術で、「栄光の間」はすべてこの時代の作品です。

国立美術館
国立美術館

アムステルダム

レンブラントの『夜警』

最大の見どころは『夜警』

国立美術館には、『ユダヤの花嫁』や『聖パウロに扮した自画像』をはじめとする自画像など、黄金時代の傑作が数多く所蔵されています。とはいえ、最大のハイライトは「栄光の間」に展示されている『夜警』(1642年)。この作品の特色は、それまで不動の姿勢で描かれることの多かった集団の肖像に、レンブラントが初めて動きを取り入れたことです。レンブラントの作品としては最も有名で、最も大きな作品でもあります。

+ 詳細を表示

巨匠レンブラント

レンブラント・ファン・レインは、オランダが誇る偉大な巨匠です。ライデンで生まれたレンブラントは1631年にアムステルダムに移り、ここで名作の大半を制作しました。遊び心に富んだ光と影の使い方、その結果として生まれるある種のドラマチックなタッチで知られています。レンブラントの作品を見ると、描かれているシーンがまるで躍動し始めるような感覚に引き込まれます。

スポットライトを浴びる『牛乳を注ぐ女』

国立美術館には、17世紀のオランダが生んだもう一人の巨匠、ヨハネス・フェルメールの作品も展示されています。フェルメールは、対象に光を当てて描く独特の才能を持っていました。左手にある窓から光が差し込む様子を描いた作品が数多く残されていますが、なかでもとりわけ有名なのが『牛乳を注ぐ女』です。このほか国立美術館では、『小路』(別名『デルフトの家並』)など3点のフェルメール作品を見ることができます。

+ 詳細を表示

フェルメールの『牛乳を注ぐ女』

詳細情報

フェルメールは、黄金時代のオランダが輩出した有名な画家です。今でこそ世界に知られていますが、17世紀当時、そしてその後の数世紀間はほとんど無名で、19世紀には「デルフトのスフィンクス」と呼ばれたこともありました。なぜなら、その素性がほとんど知られていなかったためです。作品が非常に注目を集めていることを考えれば、これはきわめて異例です。フェルメールは、まるで時が静止したかのような、親密かつ静寂な瞬間を描き続けました。

フランス・ハルスの『陽気な酒飲み』

17世紀の庶民の生活

17世紀オランダの巨匠のリストは、フランス・ハルスの表現力豊かな肖像画なしには完結しません。代表作には『庭園の夫婦』や『陽気な酒飲み』などがあります。ハルスは大胆でさらっとした筆致で知られ、同時代の画家たちからは「荒っぽい」と言われていました。違った意味でやはり気取らない画家と言えば、ヤン・ステーンです。ステーンは、『酒を飲む夫婦』や『陽気な家族』など、明るく陽気な対象を描いた風俗画で知られています。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

Museumstraat 1, Amsterdam, Netherlands

写真提供

  • レンブラントの『夜警』: Wikimedia
  • フランス・ハルスの『陽気な酒飲み』: Wikimedia