ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

フリードリヒスハイン、最新のナイトライフスポット人気トップ3

ベルリンの延々と続くナイトライフは、ヨーロッパで最も有名(悪い意味でも)です。営業時間に関する規制がないため、フリードリヒスハインの夜は終わりません。冷戦中、シュプレー川地区は荒れ果てていましたが、ベルリンの壁が崩壊して活気を取り戻しました。月曜日の早朝まで羽目を外して盛り上がれるクラブ3カ所をご紹介します。

フリードリヒスハインは、まるで街自体がアートギャラリー。放棄された倉庫、発電所、陸橋は、ポップアップギャラリー、期間限定レストラン、テクノクラブに変身し、外壁はアートで埋め尽くされています。このようなアンダーグランウンドスポットの中には企業が経営を引き継いでメインストリームになったものもありますが、さびついた工場設備、カラフルなグラフィティ、実験音楽、愛や平和を訴えるヒッピームードを守り、オルタナティブ志向と独立性を打ち出す場所もまだまだあります。フリードリヒスハインの至る所で、ベルリンの奔放なスピリットは健在です。

シュプレー川岸のフリードリヒスハイン
シュプレー川岸のフリードリヒスハイン

ベルリン

カシオペア

荒廃した工場施設を転用した屋外シネマ

操車場隣の老朽化した工場にあるカシオペアは、特に若い世代に大人気。まったく新しいスタイルのクラブで、1階と2階にダンスフロアがあります。たくさんのコンサートやフェスティバルが開かれ、夏にはビアガーデン、屋外シネマ、日曜蚤の市も催されます。アクセス方法も、シモン・ダッハ通りをCafé Kültürzeit(カフェ・クルトゥルツァイト)がある角で曲がり、レヴァラー通りの壁の穴を通り抜けるなど、秘密のムードたっぷり。カシオペアがあるローゲレンデ工業ゾーン内には、ベルリン最大のスケートボードホールや、アストラ・クルターハウスやスイサイド・サーカスといった人気のナイトクラブもあります。

+ 詳細を表示

地図で場所をみる

Cassiopeia, Revaler Straße 99, Friedrichshain, Berlin, www.cassiopeia-berlin.de

レナーテでハウスパーティー

サロン・ツア・ヴィルデン・レナーテは、一番遅くに照明が消えるクラブ。土曜の夜からオープンして、クローズはたいてい月曜の午後になります。放棄されたマンションには、フロア数階にいくつかのダンスフロア、地下室に迷路のような廊下と小部屋数室、屋根裏に小さなダンスフロア付きのVIPエリアが。夏は、外に出て中庭で踊ることもできます。レナーテはナイトクラブというよりは、クレージーなハウスパーティーに来た感じ。これぞベルリンと言えるナイトナイフをお楽しみください。

+ 詳細を表示

ヴィルデン・レナーテの庭

地図で場所をみる

Salon Zur wilden Renate, Alt-Stralau 70, Friedrichshain, Berlin, www.renate.cc
の庭

迷路のような不法占拠の空き家でディスコとテクノ

かつてのカーター・ホルツィグを完璧に継承していると、多くの人が声を揃えるのが という名前のクラブ。近くにあるサロン・ツア・ヴィルデン・レナーテと同じように、このクラブは不法占拠した空き家をかろうじて整えただけの場所。廊下と部屋が迷路のようです。2つのダンスフロアに響く音楽は、ディスコ、ハウス、テクノ、ダブステップ、ドラムンベース、エレクトロ。コンサート、映画上映、テーマパーティーも頻繁に開かれます。庭は冬でもオープンしていて、たき火、ヒップホップなログキャビン、大きなテント内に作られた3つ目のダンスフロアで盛り上がります。踊って、寒さを吹き飛ばしましょう。

+ 詳細を表示

地図で場所をみる

Markgrafendamm 24c, Friedrichshain, Berlin, www.aboutparty.net

写真提供

  • カシオペア: Steffi Reichert, Flickr
  • ヴィルデン・レナーテの庭: Iwan Gabovitch, Flickr
  • の庭: Tim, Flickr