KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

パリを見守るノートルダム大聖堂

パリのノートルダム大聖堂は、街の中心部にあたるシテ島にあります。この大聖堂の内部を見学しようと訪れる人は、年間1,400万人にも上ります。南塔の387段の階段を登る勇気のある人は、パリの街並みと広大なセーヌ河の美しい景色、そして有名なガーゴイル像を間近に見ることができます。

ノートルダムとは、「我らが貴婦人」という意味です。このゴシック建築の建設は1163年に始まったものの、おおむね完成したのは、14世紀初頭のことでした。1792年、フランス革命の最中に大聖堂は襲撃を受けて略奪され、多くの彫刻や絵画が失われました。そして19世紀初め、建築家ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクによって全面的に修復されました。

パリのノートルダム大聖堂
パリのノートルダム大聖堂

パリ

南側ファサードのバラ窓

ノートルダム大聖堂の宝物

ノートルダム大聖堂には、数々の貴重な宝物品があります。おそらく最も印象に残るのは、13世紀の色鮮やかなバラ窓でしょう。南側ファサードで最も大きいバラ窓を見ることができます。この圧倒的なステンドグラスは、旧約・新約聖書のさまざまな場面を4つの円に描いています。イエス・キリストにまつわる3つの遺物とされる、聖十字架の破片、茨の冠、聖釘(1本)も、聖堂内に保存されています。

ノートルダムのせむし男

物語や神話、伝説にまつわる古い建物はたくさんありますが、『ノートルダムのせむし男』の物語はほとんど誰もが知っていることでしょう。これは、1831年にヴィクトル・ユーゴーが発表した小説(フランス語の題名『ノートルダム・ド・パリ』)で、ノートルダムの高い塔に住むせむしの鐘つき、カジモドの話。カジモドは美しいジプシーのエスメラルダに恋をしますが、その愛は決して報いられることはありませんでした。この物語は幾度か映画化されてきましたが、ディズニーがアニメ化した1996年の『ノートルダムの鐘』は、あらゆる年齢層のファンを魅了しました。

“映画版ではカジモドとエスメラルダが口づけするシーンが描かれることが多いですが、ユーゴーの小説には登場しません。”

珍奇な怪物ガーゴイル

ファサードのガーゴイルは、雨水が聖堂の外壁を伝って流れないようにするため、雨どいの端に設置されています。塔の住人には他にも、キマイラの回廊の彫像たち(ドロレリ)がいます。これらの怪物像は、魔よけとして塔周辺の回廊に置かれ、パリの街を日夜見守り続けています。彫像の制作者は、想像力を働かせて、くちばし、ヘビの尾、ワシの翼といったパーツを取り入れながら半人半獣の彫像を創り上げ、恐ろしげな風貌を完成させました。
ノートルダムのファサードに鎮座する怪物像