ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ニューハウン:ビール以外の魅力も豊富

ニューハウンの歴史は、埠頭沿いの有名な三角屋根のように色鮮やか。それは、船、水兵、そしてアルコールに彩られた歴史です。ビールを飲むのは、今も昔と変わりません。晴れた日の埠頭は、まるでコペンハーゲン中の人々が冷たいカールスバーグを飲みにやって来るかのようです。でも、ニューハウンにはそれ以外の楽しみも満載です。

ニューハウンには、芸術家や作家がかつて住んでいた家が数多くあります。ハンス・クリスチャン・アンデルセンは長年にわたって3つの家に住み、そこで有名なおとぎ話のいくつかを書きました。彼が数年間を過ごした20番地では『えんどう豆の上にねむったお姫さま』が生まれました。その後、67番地へ、さらに20年後には18番地に転居して晩年の2年間を過ごしました。

ニューハウンのカラフルな三角屋根
ニューハウンのカラフルな三角屋根

コペンハーゲン

カラフルなニューハウンを船で楽しむ

水上からのコペンハーゲンの眺め

コペンハーゲンに無数にある運河はクルーズツアーに最高です。人魚姫の像や近代的なオペラハウスなど、ウォーターフロントの見どころをまわる1時間のツアーを行う船が、毎日何便もニューハウンから出ています。運河クルーズ、乗り降り自由クルーズ、ディナークルーズのほか、あまり知られていませんがジャズクルーズもお勧めです。ビッグバンドの演奏を聴きながら、市内のハイライトを1時間半で周遊しましょう。

+ さらに読む

地図で場所を見る

Nyhavn, Kopenhagen, Denmark

埠頭のハッピーアワー

埠頭沿いに並ぶいくつものカフェの中からどれか選ぶのは至難の業でしょう。最も有名なバーの一つが、18世紀からの歴史を誇るパブ、ニューハウン17(Nyhavn 17)です。かつては水兵たちがここに飲みに来ていましたが、現在では多彩なお客たちがウィスキーやいろいろな銘柄のビールを楽しみに立ち寄っています。カフェの濃い色の木調のインテリアも居心地がよいですが、外はさらに快適。晴れた日には埠頭にテラステーブルが並び、行き交うボートを眺めるのに最高のスポットです。

1960年代から1980年代まで、ホンコン・バー(Hong Kong)は、水兵たちが明け方まで憂さを晴らす溜まり場でした。今日でも、このクラブは他のバーが閉店した後でも開いている店として絶大な人気があります。週7日、1日24時間、バーテンダーがビールを注がない時はありません。深夜の二次会、夜明けのモーニングコーヒーにどうぞ。

バー・ニューハウン17

錨のモニュメント

ニューハウンの端には第二次世界大戦中に戦死した1,700人以上のデンマーク人将校や水兵をしのぶ巨大な錨のモニュメントがあります。当初、このモニュメントは木製の十字架でしたが、1951年に、戦時中ホルメンの軍港に停泊していたフリゲート艦「フェン」の錨に替えられました。毎年5月5日には、1945年のこの日のデンマーク解放にちなんで、公式の戦没者追悼式典が開催されます。

+ さらに読む

追悼の錨

地図で場所を見る

Nyhavn 7, Kopenhagen, Denmark