ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

すばらしいパティスリーの数々

色とりどりのマカロン、艶やかなラズベリーのタルト、チョコレートエクレア……。パリによくあるパティスリーのウィンドウを眺めているだけで口いっぱいに唾液が広がってきます。パリではケーキ作りは真の芸術。そのため、多くのパティシエは、2年の修行を終えてから実践に取り組みます。

フランスでは、パンとケーキは厳密に分けて考えられています。パンを買うなら「ブーランジェリー」、ケーキやお菓子の場合は「パティスリー」へ行きます。どの店もクオリティが高く、ハズレはほとんどありません。しかし、特別な店を見つけることができてこそのパリです。数ある店の中から1つに絞るのはなかなか難しいチャレンジと言えます。

虹のように色とりどりのマカロン
虹のように色とりどりのマカロン

パリ

ピエール・エルメが生み出すファンタジー

真のセレブである奇才のフランス人パティシエ、ピエール・エルメは、伝統的なフランス料理に革新的なアプローチをしたことで広く知られるようになりました。彼が作るミルフィーユやマカロンは伝説と言えます。日常的に馴染みのあるバニラなどのフレーバーを、グリーンオリーブといったエキゾチックな食材と組み合わせたり、クリームブリュレ風味のマカロンなど斬新なメニューも考案しています。パリでさまざまなショップを展開しており、一番大きい店舗は第1区のカンボン通り4番地にあります。華やかでモダンな店内は、一般的なパティスリーとはかけ離れており、カウンターの向こうにはピンヒールを履いた女性スタッフがいます。

+ 詳細を表示

ピエール・エルメの店

地図で場所を見る

4 rue Cambon

ラデュレ

麗しのラデュレ

現在は世界中にショップを展開している「ラデュレ」。その1号店は、1862年にパリのロワイヤル通りにオープンしました。数えきれない種類のスイーツが並んでおり、紅茶やコーヒーと一緒に楽しむことができます。どのスイーツも見た目に優雅で、眩しく輝くシャンデリアやライトグリーンを基調としたベルエポックなインテリアと調和しています。小さなレモンタルトのクリームフィリングは、バニラエクレアやチョコレートビスケット、ルリジューズ・オ・カフェなどに目移りしている間に口の中で溶けてしまいます。なかには、食べるのがもったいないくらいに美しく作られたスイーツも。パイ生地にホイップクリーム、フォンダン、ラズベリーを組み合わせた「サントノレ・ローズ・フランボワーズ」は逸品です。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

16 rue Royale

夢のパティスリー

フィリップ・コンティシーニの「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」は、唯一無二のパティスリー。「夢のパティスリー」という意味の店名の通り、スイーツ好きにとって、まさに夢の店です。ピンク、グリーン、オレンジのカラフルな棚にはスイーツがずらりと並び、ベル状のガラスケースの中にケーキのサンプルがディスプレイされています。購入する商品を決めると、スタッフが注文を入れ、冷蔵庫から新鮮な商品を出してくれます。ベネズエラ産チョコレートの層で作られた「グラン・クリュ」は、絶対に食べておきたい絶品スイーツ。迷わず2個注文しましょう。後悔はしません。

+ 詳細を表示

パティスリー・デ・レーヴ

地図で場所を見る

93 rue du Bac

写真提供

  • ピエール・エルメの店: Pierre Hermé
  • ラデュレ: Ladurée
  • パティスリー・デ・レーヴ: La Pâtisserie Rêves