KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

詩的な杭州の景観

杭州の西湖はまるで地上の楽園のようだと中国の人々は言います。 著名な画家、詩人、作家もインスピレーションを得るためにこの地を訪れ、その庭園、仏塔、湖の小島に魅了されて居を構えました。 現在この地域を訪れる観光客は、それから数世紀の間に造られたさらに多くの湖や寺院を堪能することができます。

今日の西湖は、ユネスコに登録される世界文化遺産です。 その歴史は9世紀にまで遡り、これまでに寺院、仏塔、東屋、庭園、そして小さな人工島までもが造られました。 最も魅力的な場所の中には、自然と文化の完全な調和を示すような詩的な名前がつけられているものがいくつもあります。 「平湖秋月」「断橋残雪」など、何とも夢のあるロマンチックな響きです。 これらの魅力的な場所は、自転車やボートで行くのがお勧めです。

蛇の伝説

杭州の人々がとても迷信深いことは、雷峰塔の物語に表れています。 この湖のほとりの東屋は、975年に銭弘俶の命により、彼の側室の一人にちなんで建てられたものです。 明の時代に日本人によって火を放たれたものの、奇跡的に難を逃れています。 訪れる人々が縁起を担いて、病気などから身を守るお守りにと煉瓦を取って行ってしまったため、1924年には仏塔が崩れてしまいました。 1,000年もの歴史をもつ仏塔が悲しい最期を迎えたかのように聞こえますが、 喜ぶ理由もありました。 中国人にとって杭州周辺の地域といえば、中国で最もよく知られる民話の1つ、「白蛇伝」の舞台。 伝説では、白蛇の化身の女性が雷峰塔に閉じ込められていました。 塔が崩れると、地元の人たちは伝説が本当の話だった証拠が見つかるのではないかと期待しました。実際には見つからず、 再建された塔は、東屋へ続いていた橋の廃墟とともに一般公開されています。 湖、箸、公園を縫う2つの土手を散策するには、レンタサイクルが最適です。 休憩したくなったら、湖のほとりにたくさんの茶館があります。また、途中で断橋を通り過ぎる時は、素晴らしい景色を堪能するのをお忘れなく。

“中国のことわざ― 「上有天堂、下有蘇杭(天に楽園あり、地に蘇州・杭州あり)」”

水上シアター

毎日黄昏時になると、西湖は野外ショーの舞台となります。ボート、ランプ、太鼓、音楽、数百人もの踊り手が水面下にあるステージに登場し、ユニークなパフォーマンスを繰り広げます。 うっすらと水面にかかる霧が、神秘的な雰囲気をさらに盛り上げます。 「印象西湖」は、セリフのない悲恋物語です。 このショーの監督は、著名な映画監督で2008年の北京オリンピックの開会式でも演出を担当したチャン・イーモウ氏が務めています。

「印象西湖」の1シーン