ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

タナロット寺院:寺の中の寺

バリ島の西岸沖に浮かぶタナロット寺院は、島内で最も人気があり、写真にもよく撮られている寺院です。タナは「大地」、ロットは「海」を意味しており、海を見晴らす岩場の上という、ドラマチックな場所に建つこの寺院にまさにふさわしい名前です。海の神を祀るタナロット寺院は、バリ島で最も重要な寺院の1つに数えられています。

この寺院にまつわる神話や伝説は、建物そのものと同じく魅力的です。その昔、ダンヒャン・ニラルタという高僧がこの場所で一夜を過ごし、その後、バリの人々がここにタナロット寺院を建立することに決めました。かつて寺院と本土を結ぶ橋もありましたが、海の神が壊したと言い伝えられています。さらに不思議なのがタナロット寺院の真下にある洞窟で、寺院が海水に取り囲まれているのにもかかわらず、淡水が湧き出ています。

タナロット寺院
タナロット寺院

デンパサール-Bali

“友達に自慢したくなる旅の写真”

写真好きのパラダイス

タナロット寺院は、友達や家族をあっと言わせる写真を撮りたい方にお勧めです。寺院を中心に絵になる風景が多く、太陽の位置によっても非常に美しい写真を撮ることができます。寺院の入り口を入ってすぐ右に曲がり、庭を抜けて高台へ上ってみてください。ここから見える寺院は特に趣があり、大波が岩場にぶつかって砕け散る一瞬をとらえれば、絵葉書も顔負けの1枚となるでしょう。

美しい夜明けの寺院

寺院へのアクセス

タナロット寺院へは、クタやウブドから車でわずか40分。早朝に寺院を訪問するなら、これらの街を拠点にするのが最適です。タナロット寺院が最も神秘的に見えるのは夜明けの頃です。最もアクセスしやすいのは、寺院までビーチを歩いて行ける干潮時。満潮時に行く場合は、船に乗る必要があります。早起きが苦手な方は日暮れ時もお勧めですが、混み合っていますのでご注意ください。

水しぶきを浴びながら寺院を目指す