KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

バラの花園でリラックス

新しいバラの品種は、どこで誕生しているのでしょう? その答えは、ポートランドを見下ろす小高い丘にある国際バラ試験庭園で見つかるはずです。ここでは常に新品種のバラが研究されていますが、地元の人にとってはピクニックに最高のスポットとなっているだけでなく、結婚のプロポーズに最適なスポットとしても知られています。

毎年、新品種の優れたバラに授与されるのが、ポートランド市のゴールドメダル賞です。ノミネートされた品種は、強度、病害耐性、色、花びら、葉、形や香りなど多項目にわたって審査され、受賞したバラはゴールドメダル庭園に植えられます。また、庭園内にはミニチュアローズ専門の区画もあります。

一面のバラ
一面のバラ

ポートランド(米オレゴン州)

米国最古のバラ園

ポートランドには、古くからバラにまつわる伝統があります。1888年、有名な出版実業家の妻、ジョルジアナ・バートン・ピトック夫人が自宅の庭園のテントでバラの展示を始めました。そして、夫人が友人や隣人と一緒に、ポートランドバラ協会を設立します。この協会が1917年に「試験庭園」を開き、今では米国最古のバラ園として知られています。

この庭園は、ワシントン公園の一部で、ポートランド市街とその周辺を見下ろす細長い丘の上にある緑地帯になっており、天気が良い日は見事な眺望が楽しめ、フッド山まで見晴らすことができます。近景に目を落とせば、約550種、7,000本に上るバラが色とりどりに美を競い合っています。バラは4月から10月まで長期間楽しめる花ですが、色と香りが最も素晴らしいのは満開を迎える6月頃です。

フッド山の眺望
噴水のある庭園

シェイクスピア

庭園で最も人気のスポットの1つが、シェイクスピアの戯曲に登場する草花や木々をすべて1か所にまとめようと、ラバール・シェイクスピア・クラブの寄贈を受けて造られたシェイクスピアガーデンです。樹木がとりわけ大きく成長したために木陰が暗くなりすぎて、当初植えられた草花の多くは生き延びることができなくなってしまいました。当然ながら、このガーデンにもバラがたくさんあり、シェイクスピアの戯曲の登場人物にちなんで名付けられた品種が植えられています。

シェイクスピアもバラをこよなく愛しました

写真提供

  • シェイクスピアもバラをこよなく愛しました: Patrick M, Flickr

ポートランド(米オレゴン州)の詳細