KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ミディ運河のロマンチッククルーズ

トゥールーズは、ヨーロッパ最古の運河の出発点。17世紀に建設されたミディ運河は、トゥールーズと地中海を結んでいます。船を引く馬が通った運河沿いの側道は、今ではハイカーやサイクリストに人気の遊歩道です。

緑の中を流れる水、プラタナスの並木、絵のように美しい閘門や橋。ミディ運河には通りすがりの旅行者でも心引かれる魅力があります。運河はトゥールーズから、丘陵やブドウ畑の連なる美しい風景を通り抜けて、地中海の港町セーテまで続きます。かつては貨物船だけでなく乗客を乗せた郵便船も航行していたことから、閘門付近には商店や宿がたくさんあり、その多くは今も営業しています。

トゥールーズのミディ運河
トゥールーズのミディ運河

トゥールーズ

建築としての傑作品

トゥールーズから地中海まで、小麦やワイン、織物を船で運ぶ運河の建設は、何百年もの悲願でしたが、実現したのは17世紀半ばのことでした。ベジエ出身の徴税吏ピエール・ポール・リケ男爵が、このプロジェクトが技術的に実行可能であることを示して国王ルイ14世に認められ、ようやく工事が始まります。1666~1681年の間に延べ12万人の作業員が、つるはしとシャベルを使って、全長240kmの運河を掘削しました。運河には91の閘門のほか、水路橋や貯水池やトンネルなど、精巧な構造物があります。
カルカッソンヌ近くの閘門

運河をクルーズ

サイクリングやハイキングなら数えきれないルートがありますが、ミディ運河を水上から眺めるのも貴重な体験です。ランチやディナーを楽しめる数時間の短い船旅なら、トゥールーズから乗船できます。また、アメニティを完備した平底船に乗って、数日間のリバークルーズに繰り出すのもいいでしょう。乗客は個室に宿泊でき、食事は乗務員が用意してくれます。

冒険好きの旅行者には、小型のモーターボートもお勧めです。数あるレンタル業者が、許可証なしで操縦できるモーターボートを貸し出しています。都合に合わせて運河探訪を計画しましょう。閘門の動きに注意すれば、あとはとても簡単です。日中は気に入った場所にボートを係留し、夜は場所を選んで停泊しましょう。船内で食事を作ることもできますが、運河沿いの村にあるレストランに出かけるのもいいかもしれません。

マイペースで村や閘門を探訪
トゥールーズから90km離れているカルカッソンヌ

カルカッソンヌの城塞

ミディ運河周辺で最も有名な観光スポットは、ユネスコ世界遺産に登録されている歴史的城塞都市カルカッソンヌです。オード丘陵に堂々とそびえ立つ中世の城塞の印象的なシルエットは、遠くからでも目を引きます。ロマンチックな小塔群は、実際には中世に建てられたものではなく、19世紀の著名な建築家ヴィオレ・ル・デュクの独創的な発想の賜物です。ヴィオレはパリのノートルダム大聖堂の修復も手掛けました。細部まで念入りに修復された城壁や城門、建物には、おとぎ話に登場するお城のような不思議な魅力があり、毎年、数百万人の観光客がカルカッソンヌを訪れています。

“城塞の印象的なシルエットは遠くからでも目を引きます”