KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

スターフェリーに乗って

蒸気船が発明される前、人々は香港島と九龍の間をサンパンと呼ばれる小舟で行き来していました。ずいぶん時間と労力のかかる道のりでしたが、スターフェリーが運航を開始すると、片道8分で済むようになりました。現在、スターフェリー社は12隻のフェリーを運航し、香港の美しい景観を楽しめることでも知られています。

スターフェリーは、1888年にカオルーン・フェリーカンパニーとして設立され、1898年に現在の社名になりました。以降、1世紀以上にわたり、多くの人に愛されていますが、常に順風満帆だったわけではありません。1906年には台風が九龍の埠頭を襲い、フェリー2隻を破壊しました。また1941年の日本による香港占領では、3年半以上も運航できませんでした。

スターフェリーから見る香港
スターフェリーから見る香港

香港

船上から楽しむ豪華なレーザーショー

今では、多くのトンネルと橋が香港島と大陸側の九龍を結んでいますが、やはりスターフェリーは快適で安価な交通手段として親しまれています。1日の利用客は約7万人、年間では2,600万人近くにのぼります。定期航路は2本、そのほかすべての埠頭を巡る観光用ツアーもあります。