ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ボネールでのシュノーケリング

美しい海中世界は、ボネール最大のアトラクション。自然を愛する人たちが、シュノーケリングのために世界中からこの島へやって来ます。フィンとゴーグルだけで、カリブ海に生息するユニークな生き物の世界を心ゆくまでお楽しみください。

この島には、サンゴ礁が海辺まで伸びている場所がたくさんあり、わずか数メートル泳ぐだけで、熱帯水族館にいる気分を味わえます。島の西岸ではサンゴに生息するタツノオトシゴ、ラックベイではマングローブの森をお見逃しなく。

フィンを着けてシュノーケリングに出発
フィンを着けてシュノーケリングに出発

ボネール

西岸でのシュノーケリング

島の西岸は、ほとんど風がなく、水が穏やかなため、シュノーケリング愛好家に人気です。砂浜を作っているのは、長年堆積したサンゴの死骸。つまり、きらめく真っ白な砂浜ではありません。しかしながら、海辺からすぐにサンゴ礁が始まり、素晴らしい水中の風景を楽しめます。ブダイの仲間やエンゼルフィッシュ、優雅なチョウチョウウオがたくさん。公式には17のシュノーケリングスポットがあります。あまり人の行かないスポットも、気分転換のひと泳ぎには最高です。

初心者と上級者の両方が楽しめるのが、アンドレア1と2のスポットです。淡水化施設の北1kmのところにあり、岸から海の中を歩いて行くだけです。軟質サンゴやイソギンチャクの合間にさまざまな生物が生息しています。色鮮やかなブダイの仲間は、大きいのですぐに目に付きます。運が良ければ、タツノオトシゴに出会えるかもしれません。この辺りの水は特に透明なので、ビデオ撮影も可能です。

すぐに見つかるカラフルなブダイ
ボネール周辺の海の透明度は格別

ラックベイでのシュノーケリング

ラックベイとソロボンビーチは、ウィンドサーファーに人気ですが、サーフボードに乗らなくても、このスポットは楽しめます。ラックベイは大きなサンゴ礁に守られているため、種類豊富な魚が集まっています。シュノーケリングをする際は、ソロボンビーチ・リゾートから水に入り、数メートル泳ぐだけで、観察スポットに到着。穏やかな潮の流れに乗って漂っていけば、見事なホーンサンゴの上を通ることができます。マングローブの森はもう少し先から始まりますが、マングローブの根の間にたくさんの稚魚、エイ、ロブスター、タツノオトシゴの幼生がいて、あたかも「魚の幼稚園」のようです。

ラックベイの見事なサンゴ礁

写真提供

  • すぐに見つかるカラフルなブダイ: waywuwei, Flickr
  • ラックベイの見事なサンゴ礁: Snorkelingdives.com, Flickr