ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

街角のグルメ

香港の人たちは、食べることが大好き。大都市の中に11,000軒もの飲食店があり、いつでも食を楽しむことができます。香港はまたスナックやスイーツのメッカでもあり、ポルトガル風エッグタルトからニラ春巻き、強烈な匂いを放つドリアンのソルベまで、種類も豊富です。

香港料理は、世界各地の影響を受けていますが、スイーツも例外ではありません。多くのベーカリーがごくわずかな種類しか置いていませんが、香港人はお気に入りのスイーツを入手するために遠出をすることをいといません。本場の「老婆餅(ロウポウベン)」を、その発祥の地である広州との境界まで喜んで買いに行きます。幸い、香港では至るところで代表的なスイーツが買えるため、旅行者はそれほど遠出する必要はありません。

9月と10月に食べる月餅
9月と10月に食べる月餅

香港

香港の焼き菓子

香港には、焼き菓子がたくさんあります。ポルトガル風エッグタルトは、ポルトガルからマカオ経由で極東に伝わりました。周りはサクサクの生地で、中に柔らかいカスタードクリームが入っています。「泰昌餅家(タイチョンベーカリー)」では、この絶品タルトを毎日何百個も作っており、焼きたてを食べるのが最高です。このベーカリーはとても有名で、最後のイギリス人総督も常連だったと言われています。店先にいつもできる行列は、格好の目印になっています。

近くには、老婆餅(ロウポウベン)を焼いている店もたくさんあります。老婆餅は広東省の銘菓として知られており、パイ生地にアーモンドペーストと冬瓜を使った餡が入っています。生地には5種類の香辛料が使われており、外側にゴマを散りばめ味覚を楽しませてくれます。「パイナップルパン」という意味の菠蘿包(ポーローパウ)も有名です。実際のパイナップルを使っているわけではありませんが、表面がパイナップルに似ていることから名付けられました。2種類の生地を組み合わせることで絶妙の食感と味が生まれます。

エッグケーキ

デザートは別腹

いくつもの層を織りなすケーキからシンプルなキャンディまで、香港の人たちは甘いものに目がありません。定番のおやつは甘蔗汁(サトウキビジュース)で、どこのカフェにもあります。サトウキビの茎が原料で、昔ながらの圧搾機を使って作られています。中国人によると、サトウキビジュースは辛い料理の後に飲むのが最高だとか。スイーツでオススメの店は、「許留山(ホイラウサン)」。もともとは都心部から外れた場所で生薬を販売する店としてスタートしましたが、現在は52店舗を持つ大型スイーツチェーン店に成長しました。豊富な種類のスイーツを提供していますが、特にスイートマンゴーはアイスクリームからプリンまで、あらゆるメニューに使われています。

もっとフルーツを楽しみたい人には、同じく多くの店舗を持つ「發記甜品(ラッキーデザート)」がオススメ。この店では、ゼリーにドリアンを使用しています。ドリアンは、匂いはひどいものの味は極上のフルーツです。ゼリーと言えば、「佳記甜品(ケイキーデザート)」はゼリーを使った特大のスイーツを提供しています。角切りゼリーやさまざまなフルーツ、練乳が大きな器にてんこ盛り。量がとても多いので、夕食を食べずに行くほうがいいかもしれません。

スイートマンゴーのパンケーキ