KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

地下に眠るローマのヴィラ

2,000年前のローマのヴィラが本来、どんな姿をしていたのか興味がある人は、ぜひ、ヴァレンティーニ宮殿に足を運んでみましょう。ここには、何と2007年に発見されたばかりのヴィラを見学できる新名所があり、古代ローマ人の生活に足を踏み入れ、当時を満喫できる他にはないスポットです。ただ古いだけの廃墟ではなく、驚きいっぱいのマルチメディア映像で、かつての栄華を伝えています。

16世紀のローマでは、廃墟を土で埋め立て、新築の建物の基礎にするのが一般的でした。1585年、ヴァレンティーニ宮殿も同様に、ローマ帝国時代のいにしえの2軒のヴィラの上に建てられます。そして、数年前に行われた宮殿の基礎の掘削工事で、偶然、そのヴィラが発見されました。ヴィラや隣接する浴室の状態が良好だったため、3年間かけて改修され、一般公開の準備が整いました。

ヴァレンティーニ宮殿の宝物
ヴァレンティーニ宮殿の宝物

ローマ

光と音

ヴァレンティーニ宮殿の地下に下りていくと、まるで別世界にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。ヴィラの保存状態が非常によく、当時のモザイクの断片、大理石の床や階段が今でも残っています。マルチメディアツアーでは生活空間へと誘われ、かつて人々が生活していた様子が映像と光で映し出され、音声ガイドでは、浴室の暖房システムやかつての住宅火災の跡など、興味深いエピソードが次々と紹介されます。また、当時の周辺の様子が分かる映像もあります。

よみがえる歴史

“見事に増築された24,000冊もの蔵書を誇るインペリアリライブラリー アクセス”

ヴァレンティーニ宮殿

ヴァレンティーニ宮殿は、1873年からローマ県の県庁舎となっています。この宮殿は、教皇ピウス5世の甥、枢機卿ミケーレ・ボネッリのために建てられました。宮殿は幾度となく拡張、取り壊し、改築を経ており、その歴史は波乱万丈です。最も見事な増築は、枢機卿レナート・インペリアリのために建設されたインペリアリライブラリーで、24,000冊以上の蔵書があります。宮殿の名前は、1827年に、ここを購入した総領事ヴィンチェンツォ・ヴァレンティーニに由来しています。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

Palazzo Valentini, Via IV Novembre 119/A, Rome

写真提供

  • よみがえる歴史: Martin Conde, Flickr