KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

テットドール公園は並はずれた都市公園

夏の盛りでも真冬でも、リヨンを訪れたらテットドール公園にぜひ立ち寄りましょう。120ヘクタールのフランス最大級の都市公園には、数えきれないアクティビティやアトラクションが満載です。アンティーク調のメリーゴーラウンド、シマウマ、食虫植物を一度に楽しめるという大変珍しい公園です。

ローヌ左岸の湿地帯に造られたテットドール公園。金色の装飾が施されたメインゲートをくぐると、遊園地の枠を超えた広大な庭園が広がっています。広々とした緑の芝生にはワイドな遊歩道がいくつもあり、中央にある、小島の浮かぶ池は、ちょっとした湖ほどの大きさで、ボート遊びを楽しめます。ジョギングやサイクリング、ローラースケートやピクニックを楽しむ市民の憩いの場は、地元の人とふれ合うことができる最高のロケーションです。

1857年に造られた公園のメインゲート
1857年に造られた公園のメインゲート

リヨン

異国情緒あふれる動植物

伝統的な美食の町、リヨンとは似つかわしいこの公園を訪れると、アウトドアを楽しむ意欲が掻き立てられます。同じく1857年に造られたニューヨークのセントラルパークと同じエネルギーが、その広い芝生に宿っています。リヨンの街角には必ずと言ってよいほど公共自転車「Vélo’V(ヴェロッヴ)」がスタンバイしているので、園内をサイクリングするのもいいでしょう。手漕ぎボートやペダルボート、パラソル付きのファミリー用自転車で巡るのも楽しいですよ。

テットドール公園で人気の高いアトラクションはバラ園、動物園、植物園です。いずれも入場無料。なかでも美しいオレンジ栽培温室や19世紀に建てられた大温室のある植物園がお勧めです。最も古いオランダ式温室には食虫植物の大コレクションがあります。他にも、スイレンなどの水生植物も見られます。

植物よりも動物が好きという人は、動物園へ。他のエリア同様に150年以上前に造られた歴史の古い動物園です。ここではゾウ、シマウマ、トラ、ヒョウ、アナコンダなどを見ることができます。数年前にアフリカサバンナのコーナーが増設され、百頭以上の動物が自由気ままに走り回っています。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

Parc de la Tête d'Or 69006 Lyon
植物園のスイレン

子供たちのお楽しみ

動物園だけでなく、手描きでイラストを施したアンティーク調のメリーゴーラウンド2基や、昔ながらのゴーカート、ブランコ、自分で操縦する電動式ボートなど、子供たちが夢中になるアトラクションが他にも盛りだくさんです。リヨン名物のギニョール芝居小屋もあります。今もフランスの人形劇の主人公として有名なギニョールは、1800年頃リヨンで誕生しました。

入場無料のテットドール動物園のキリン