KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

アパルトヘイトと闘う劇場

アパルトヘイト全盛期の1976年、ヨハネスブルグに画期的な劇場、マーケットシアターが誕生しました。この劇場は、あらゆる人種の人が一緒に観劇する場として、アパルトヘイト政策に抗議したのです。公演内容もアパルトヘイトを告発するもので、「文化が社会を変えられる」というコンセプトはシンプルながらも力強いメッセージとなりました。

マーケットシアターは、1913年に建てられた先住民の果物市場だった建物の中に開設されました。この劇場での公演は、アパルトヘイトで虐げられた人々に発言の機会を与えるだけでなく、芸術性にも優れていました。アパルトヘイトが終結した後、劇場とその有名な舞台公演は、数多くの賞を受賞し、大絶賛されました。マーケットシアターは、さまざまなエンターテインメントやパフォーマンスを催す、革新的な文化拠点です。

エンターテインメントとレジスタンス
エンターテインメントとレジスタンス

ヨハネスブルグ

不公平との闘い

マーケットシアターは、開設してすぐに「アパルトヘイトと闘う劇場」として世界的に知られるようになりました。創設者のマニー・マニムとバーニー・サイモンは、演劇によって社会を正しい方向へ導くことを決意し、重要な役割を果たしました。この劇場で初演された、最も有名な反アパルトヘイト演劇は『ウォザ・アルバート!』です。劇中では、アパルトヘイト全盛期の地上に現れた救い主を政府が原子爆弾で殺そうとします。この作品は大成功を収め、南アフリカ演劇を代表する作品になりました。この劇場では、現在も南アフリカで最も影響力のある偉大な作家であり、指導者でもあるアソル・フガードの有名な作品も数多く初演しています。フガードは、アパルトヘイト闘争を描いた作品群で国際的な称賛を集めています。

“『ウォザ・アルバート!』では、救い主がアパルトヘイト全盛期の地上に現れます。”

マーケットシアターのパフォーマンス

良心を刺激するエンターテインメント

20年ほど前、南アフリカのアパルトヘイトは正式に撤廃され、マーケットシアターの公演は、結果的に目的を達成しました。しかし、劇場の使命はこれからも続いていきます。現在のマーケットシアターは、社会を映す鏡としての役割を担っています。この使命を果たすため、劇場は才能ある新しい人材を全国から発掘しています。現代の南アフリカの実態を知りたい人は、この劇場で多くのことを考えさせられるでしょう。

+ 詳細を表示

メインステージ

地図で場所を見る

56 Margaret Mcingana Street

写真提供

  • マーケットシアターのパフォーマンス: Ralf Held, Flickr
  • メインステージ: Market Theatre