ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

アバディーンのビーチ

モスクワよりも緯度の高い場所にありながら、アバディーンの夏はお楽しみがいっぱい。ビーチを満喫したいという方に最高の目的地です。泳ぐにはちょっと水が冷たすぎるかもしれませんが、広々としたビーチは、のんびりと散歩したり、凧揚げを楽しんだりするのに最適です。お天気にも比較的恵まれていて、暖かい日が多く、明るい青空も期待できます。ひたすらビーチを散歩したり、ウォータースポーツやホエールウォッチングを楽しんだりするのに理想的な場所です。

アバディーンシャーのコースタルトレイルは、ひと気のない海岸線に沿って風光明媚な村々をつなぐルートです。どこまでも続くビーチで子供たちが砂の城を作り、ボール遊びや波遊びに興じています。エキサイティングなアドベンチャーをお探しなら、ビーチでの乗馬やサーフィンもおすすめです。また、巨大な砂丘も見逃せないポイント。ラトレイヘッド砂丘は、高いところで23mもあります。この荒々しい景観は、水や風の影響を受けて常に変化を続けています。

アバディーンの海岸に佇む石造りの小屋
アバディーンの海岸に佇む石造りの小屋

アバディーン

ラトレイヘッドの無骨な自然

ストラスベグ湖の自然保護区の近くの浜は17kmにわたり、鳥やチョウの楽園となっています。この湿地帯には、冬になると無数の渡り鳥がやってきます。スピッツベルゲン島から飛来するコザクラバシガン、アイスランドから来るハクチョウ、ノヴァヤゼムリャから来るツノメドリなどが、バードウォッチャーの目を楽しませています。また、水の穏やかな湾内ではネズミイルカもよく見られます。

ひときわ目立つ建物は、高さ37mの灯台です。海の中に建っていて、潮の引いた時しかアクセスできません。ただし今では、満潮時に灯台の守り人が孤立してしまうことはなくなりました。というのも、この海岸に建つ唯一の灯台は1982年以来、無人となっているからです。信号は自動運転されているので、灯台は今も現役です。無駄に維持しているのではありません。付近の沿岸に散乱する多数の難破船が、灯台の必要性を物語っています。

ラトレイヘッドは、ピーターヘッドとフレイザーバラの間、アバディーンから車で北へ1時間の場所にあります。スコットランドでもとりわけ牧歌的なこの辺りは、人里離れて新鮮な海風に吹かれるには最高です。

運が良ければツノメドリを見られるかもしれません
海岸のアザラシ

船のツアー

北海の暗く冷たい水には、イルカやクジラ、サメが生息しています。アバディーンの海岸近くでもよく水面に姿を見せますが、まさに感動的な光景です。海の上空にもご注目。数百という海鳥に加え、時にはツノメドリを観察できることもあります。野生動物を観察するなら、アバディーン港からクライド・クルーズ社が定期的に船のツアーを催行しています。経験豊富なガイドが、すべての見所を教えてくれるでしょう。このツアーは、魚市場の近くにあるユーロリンクのドックから出航しています。

+ 詳細を表示

地図を見る

アバディーンとアバディーンシャー