ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

“イパネマの娘”のビーチ

イパネマは、コパカバーナに勝るとも劣らず有名かつ美しいビーチ。その知名度に貢献したのが、ボサノヴァの古典的名曲『イパネマの娘』でした。トム・ジョビンが作曲した2年後の1964年に、究極の夏のヒット曲として一躍人気を博し、アストラッド・ジルベルトの歌声によって永遠の名作となります。最近では、ベベウ・ジルベルトがカバーしています。エロー・ピニェイロという実在する女性のことを歌った曲です。

数キロメートルにわたるイパネマビーチは、エリアごとにファン層が異なり、うまく住み分けられています。ポストノーヴ(ライフガードの第9ステーション)は、割れた腹筋のイケメンとストリングビキニの美女たちが集まるエリア。ナイトライフが賑やかなルア・ファルム・デ・アモエドの端にあるエリアは、ゲイビーチとして知られていて「ボルサ・デ・バロレス(証券取引所)」の異名を持ちます。ポスト8はスラム街の若者に人気で、ポスト7はサーファーのメッカです。ヒッピー、知識階級、独身者、子連れのファミリーも、それぞれに好みのビーチエリアを見つけています。

日没時のイパネマ
日没時のイパネマ

リオデジャネイロ

グループによって異なるお気に入りスポット

イパネマビーチの始点となるアルポアドールには、小さな公園があり、岩場から素晴らしい眺めが楽しめます。ビーチの終端にあるレブロンも、岩山からの見晴らしが美しく、ここにはバーとパティオがあります。最高のサンセットスポットなら、ポスト12の近くにあるビーチバー「カネコ・ド・レイ」のテーブルに陣取ることをお勧めします。イパネマというのは、ビーチだけでなく近隣界隈のエリアの名称でもあり、リオで最も高級なショップやレストラン、トレンディなホテルが建ち並んでいます。デザイン性に富んだ贅沢なホテルと言えば、ホテルファザーノです。フィリップ・スタルクがデザインしたホテルには、オスカー・ニーマイヤーやセルジオ・ロドリゲスが手掛けたモダニズムの家具で装飾されています。ルーフトップのインフィニティプールから、すばらしい眺めを望めます。

“ビーチバー「カネコ・ド・レイ」のテーブルは最高のサンセットスポット”

ホテルファザーノのプールからの見晴らし

イパネマの娘、エロー

ある晴れた夏の日に、作曲家のトム・ジョビンと作詞家のヴィニシウス・ヂ・モライスが、いつものように「バー・ヴェローゾ」のパティオに座っていると、美しい娘が通りかかりました。この女性がインスピレーションとなり、2人は『イパネマの娘』を作ります。そして、アストラッド・ジルベルトの甘く官能的な歌声によって、ボサノヴァ最大のヒット曲になりました。歌のモデルとなった女性は、当事17歳のエロー・ピニェイロ。今では70歳近くになっています。エローはモデルとしてキャリアを築いた後、「ガロータ・ヂ・イパネマ(イパネマの娘)」という水着ファッションのブティックをオープンして、現在もこの店を繁盛させています。

ビーチバレーは人気のアクティビティ

写真提供

  • ホテルファザーノのプールからの見晴らし: Bruno Fontoura, 123rf