ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

サンティアゴの最高の眺め

サンクリストバルの丘を見落とすことはないでしょう。サンティアゴの中心にそびえ、街の風景に欠かせない存在だからです。市街地より約300m高い頂上のテラーサ・ベリャビスタからは、すばらしい眺望を楽しめます。晴れた日には、雪をかぶったアンデス山脈も望むことができます。

この丘は、かつて「神の山」を意味する「トゥパウエ」と呼ばれていましたが、後にスペイン系チリ人のサンクリストバル一族にちなんで改称されました。丘の上にはメトロポリタン公園があります。722ヘクタールという広さはサンティアゴ最大であるだけでなく、世界でも最大規模の都市型公園です。緑のオアシスが、この丘とその周辺一帯に広がっています。

サンクリストバルの丘からの眺め
サンクリストバルの丘からの眺め

サンチアゴ

聖母マリア像

丘いっぱいのアトラクション

サンクリストバルの丘には、景色以外の魅力もいっぱい。夏には2つの屋外プールが人気を集めます。お子様連れなら、建国200年を記念して2012年にオープンした「子供のための公園」へ。ツリーハウス、ウォーターパーク、ケーブルカーなどのアトラクションが揃っています。丘の中腹には、動物園もあります。小さな動物園ですが、世界最小のシカで、チリのマスコットにもなっているプーズーは見逃せません。サンクリストバルの丘のシンボルと言えば、高さ14mの聖母マリア像。高さ8mの台座の脇に小さな礼拝堂が建っています。

ケーブルカー

“丘の上までケーブルカーの旅”

ケーブル鉄道で丘を登る

サンクリストバルの丘の頂上へ行く方法はいくつかありますが、最も楽しめるのはケーブルカーです。乗り場はベリャビスタ地区、ピオノノ通りの北端にあるプラーサ・カウポリカンにあり、丘の中腹にある動物園の前で一度停車します。運動したい方は、歩いて登ってもいいでしょう。以前は頂上まで行くロープウェイがありましたが、今は無期限運休中。改修工事が行われるのか、まったく新しいものに刷新されるのか、現時点では分かっていません。

写真提供

  • ケーブルカー: David Berkowitz, Flickr