ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

キャピラノ・サスペンション・ブリッジ

キャピラノ・サスペンション・ブリッジは、キャピラノ川の70m上に架かっています。長さ137mのこの吊り橋は、年間何十万もの観光客が訪れるバンクーバーで人気の名所。非常に高く、幅も狭いため、高所恐怖症の方にはお勧めできません。

1888年、スコットランド人の土木技師ジョージ・グランド・マッケイ氏が、キャピラノ川をまたぐ6,000エーカー(約24.3平方km)の土地を購入しました。マッケイ氏は両岸を行き来するため、麻ロープと厚板で吊り橋を作りました。材料は、馬が川を泳いで渡り、反対岸まで運びました。1903年にマッケイ氏が亡くなると、ロープはスチールケーブルに交換されました。そして1956年、当時の所有者であるレイ・ミッチェル氏が、わずか5日間で橋を全面改築し、広く宣伝したおかげで、まもなく観光名所となりました。

非常に高い場所に架かる橋
非常に高い場所に架かる橋

バンクーバー

空中の遊歩道、クリフウォーク

梢の高さ

吊り橋こそ公園の原点であり、今も最大の呼び物ですが、キャピラノ・サスペンション・ブリッジ・パークの魅力はそれだけではありません。最新のアトラクションは、崖に沿って吊るされた歩道を歩くクリフウォーク。ところどころガラス張りになっており、崖を見下ろすこともできます。また、ツリートップス・アドベンチャーでも高所の散歩を楽しめます。リスの視点から古代の雨林を観察してみましょう。橋はベイマツの木と木を結び、なかには樹齢1,300年のベイマツもあります。橋と展望台は、木を傷つけるピンやボルトを使わず設置されています。

魔法のようなクリスマスの電飾

光に誘われておとぎ話の世界へ

休暇シーズンには、キャピラノ・サスペンション・ブリッジ・パークのキャニオンライトで、最高のクリスマスを楽しみましょう。橋は数百もの電球で装飾され、暗い谷を照らすかがり火のようです。また、園内の他の施設にも美しい電飾が施されます。公園が自称する世界最大のクリスマスツリーとは、高さ46.4m、樹齢250年のベイマツです。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

Capilano Suspension Bridge, 3735 Capilano Road, North Vancouver