ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

チェダー渓谷の洞窟

ブリストルの南西30kmにあるチェダー渓谷は、サマセットで非常に人気の高い観光名所です。英国最大の渓谷として、周囲の絶壁は高さ140mにも上ります。内部もまた壮観で、いくつもの洞窟や洞穴が断崖の側面に点在しています。英国最古とされる先史時代の遺跡も、ここで見つかっています。

渓谷と洞窟の地形は、さまざまな氷河時代の氷山が解けた水によって過去120万年以上をかけて形成されてきました。渓谷を削ったヨー川は今もここを流れていますが、現在は地下川となっています。この川が生成した石灰岩の洞窟のうち、最大のガフ洞窟とコックス洞窟は、一般に公開されています。ガフ洞窟では、9,000年前に遡る原始人、「チェダーマン」の完全な骸骨が見つかりました。

チェダー渓谷
チェダー渓谷

ブリストル

おとぎ話の世界のような地形

チェダー渓谷の断崖や坂道には、ヤエムグラ、カラマツソウ、そしてチェダーピンクと呼ばれる珍しいカーネーションなど、さまざまな植物がモザイクのように生息しています。地上は美しく魅力的ですが、地下には神秘的な暗闇が広がります。洞窟や洞穴にはコウモリの大群が生息し、食人の習慣を持っていた穴居人の骨が散乱しています。

このような光景の中に佇んでいると、ワイルドな想像が自然と湧くものです。作家のJ・R・R・トールキンは、1916年に新婚旅行でここを訪れ、その体験から『指輪物語』のインスピレーションを得たと伝えられています。映画化された『ロード・オブ・ザ・リング』の三部作はニュージーランドで撮影されたかもしれませんが、原作のルーツはサマセットにありました。特に『二つの塔』に登場するヘルム渓谷の描写は、チェダー渓谷に極めて似ています。現在では、コックス洞窟で「ザ・クリスタル・クエスト」と呼ばれる地下のアドベンチャーツアーが催行されていて、トールキンの想像の世界を疑似体験することができます。コックス洞窟の内部には、鏡のような湖と石灰岩の彫像が点在し、おとぎ話の世界にようにライトアップされています。各所に隠されたスピーカーから流れる神秘的な歌声も、この雰囲気を高めています。

コックス洞窟

チェダーマン

9,000年前の骸骨がガフ洞窟で見つかったチェダーマンは、この洞窟に住んだ最初の原始人ではありませんでした。1万2,000年前に遡る遺跡も見つかっているからです。とはいえ、英国で発見された最古の完全な人骨、チェダーマンが想像をかきたてることには間違いありません。初の「完全なイギリス人」とのつながりは、感情的なものだけではありません。1990年代後半にチェダーマンのDNAをチェダーの町に住む子供たちのDNAと比較した結果、そのうち2人の遠い祖先に当たることが分かったのです。頭蓋骨に開いた穴と、洞窟内に残る食人の形跡が、彼の恐ろしい運命を示唆しています。

チェダーマン

写真提供

  • コックス洞窟: Loganatahan Parthipan, Flickr
  • チェダーマン: Percy, Flickr