ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ケネディ大統領の暗殺

銃撃、混乱、その後語られるさまざまな陰謀説……。1963年11月22日という日をダラスが忘れることはないでしょう。ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺事件はアメリカ史上、最も恐ろしく、センセーショナルな事件の1つとされています。ダラス中心部にあるザ・シックス・フロア博物館では、ケネディ大統領の人生と暗殺事件について詳しく説明しています。

ザ・シックス・フロア博物館は、元は学校教材の流通・保管センターであるテキサス学校教材保管所でした。しかし1963年に、その6階の窓からケネディ大統領が狙撃されて以降、世界的に有名な建物になりました。1970年、テキサス学校教材保管所が別の場所へ移転した際、ダラス市民の多くは建物の取り壊しを望みましたが、結局、ダラス郡庁がここに移ってきます。しかし、その後も5階と6階部分は長らく使われていませんでした。そして、1989年のワシントン誕生日の祝日に、現在のザ・シックス・フロア博物館がオープンしました。

ディーレイプラザ
ディーレイプラザ

ダラス

ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された通り

アスファルト上に付けられた「×」印

ダラス市街をオープンカーのリムジンに乗って通過していたケネディ大統領は、午後0時30分に狙撃されました。ディーレイプラザ前のアスファルト道路に付けられた「×」印は、ケネディ大統領が撃たれた正確な場所を示しており、残酷な殺人事件があったことを静かに伝えています。車を避けつつこの印に近づいて、急いで写真を撮ろうとする人も大勢いますが、危ないので歩道から撮影しましょう。

悪名高き窓

ザ・シックス・フロア博物館は2つのフロアからなっています。6階の展示ではケネディ大統領の人生と、当時の時代背景が説明されています。しかし、メインの展示はもちろん、暗殺事件とその後の展開です。犯人のリー・ハーヴェイ・オズワルドが大統領を狙った窓は、現在は塞がれていますが、他の部分は1963年当時の状態にほぼ完全に復元されています。非常に特別でありながら不吉な場所です。また7階でも、暗殺事件に関連したさまざまなテーマの企画展が開かれています。
銃弾は6階の窓から発射されました

さまざまな陰謀説

暗殺事件から50年が過ぎた今でも、リー・ハーヴェイ・オズワルドの単独行為ではなく、多数の人間が関与していたとする陰謀説が無数にあります。博物館では、複数の陰謀説について詳しく解説しています。犯人を確信していた人でも、謎が謎を呼ぶさまざまな陰謀説を知れば、きっと疑問がわいてくるはずです。