KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ドナウ河畔に建つ壮麗な国会議事堂

ドナウ川の岸辺には、堂々たる赤色のドームと多数の尖塔のある印象的な建築物が、背後の青空と見事なコントラストを作り出しています。この風格ある国会議事堂は、ブダペストで最も有名なシンボルの1つです。建物の美しい外観はブダペストの写真によく使われています。また、外観同様に見事な建物内部は、見学ツアーで見ることができます。

この風格ある国会議事堂は、ハンガリーを代表する建築家、イムレ・シュタインドルにより設計されました。外観はイギリス発祥のネオゴシック建築様式であり、ロンドンにあるイギリス議会の議事堂、ウェストミンスター宮殿がモデルとなっています。幅268mのファサードは、鎖橋のたもとからマルギット橋まで伸びています。内装はルネサンス様式とバロック様式で贅沢に装飾されています。議事堂に威厳を持たせるために、40kgという大量の金も使われました。見事なホールや階段を見学できるツアーにぜひご参加ください。議事堂だけでなく、ハンガリーの至宝、1,000年の歴史をもつ聖イシュトヴァーンの王冠といった展示品も鑑賞することができます。

風格ある国会議事堂
風格ある国会議事堂

ブダペスト

ハンガリー人の誇りのシンボル

ハンガリーは19世紀末に大きな変化を経験します。オーストリアからの独立が進み、ブダとペストの2つの町が合併して首都ブダペストが誕生しました。ただ1つ足りなかったのは、適切な国会議事堂でした。ハンガリーの詩人、ミハーイ・ヴェレシュマルティが、「この国には家がない」と嘆いたのは有名です。1882年、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世とハンガリーの首相が議事堂建設のコンペを実施し、そこで優勝したのが建築家のイムレ・シュタインドルでした。
 
議事堂の建設は1885年に始まり、13年の歳月を費やしました。シュタインドルは、さまざまな建築様式を組み合わせましたが、全体的に極めて釣り合いのとれたデザインになっているため、折衷スタイルであることはそれほど分かりません。内装にはネオビザンチン様式が見て取れます。階段の吹き抜けはコリント式の柱で支えられ、天井には大きなフレスコ画が描かれています。特にすばらしい部屋は16角形のドーム型のホールで、大聖堂を思わせる壮麗さです。ここにはハンガリーの歴代の王や16人の英雄の像が立ち、訪れる人々を上から見下ろしています。これらの彫像からは自信が感じられ、独立性を強めていたハンガリーの姿をよく表現しており、建設当時に高まっていたブダペスト市民の誇りも感じ取れます。

“ハンガリーの詩人、ミハーイ・ヴェレシュマルティが、「この国には家がない」と嘆いたのは有名です。”

ハンガリーの至宝

堂々たるドーム型ホールには、王笏、宝珠、王冠といったハンガリー王の宝器があります。王冠は、最初のハンガリー王であるイシュトヴァーン1世が戴いたものと言われています。王冠の上部は、1000年に行われたイシュトヴァーン1世の戴冠式のため、教皇シルウェステル2世が授与したもので、王冠の下部は11世紀のビザンチン様式と考えられています。王冠はこれまで数多くの出来事をくぐり抜けてきました。何度も盗難にあい、王冠を巡っていくつもの戦いが繰り広げられてきたのです。第2次世界大戦後は、ソ連の手に渡らないよう米国フォートノックスにある金塊保管所に収蔵されていました。これらの宝器がジミー・カーター米大統領によりハンガリーに返還されたのは、1978年のことでした。

ハンガリーの至宝

写真提供

  • ハンガリーの至宝: Alexis, Flickr