ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

壮麗なポポカテペトル山

ポポカテペトル山は、空高く堂々とそびえ立ち、周囲の景色を見下ろしています。この火山はメキシコシティの人々から親しみを込めて「ポポ」と呼ばれており、散歩、登山、スキーや景色を楽しめます。ただし、ポポは活火山であることをお忘れなく。

ポポの正式名称である「ポポカテペトル」は、アステカの言語で「煙る山」という意味です。1994年以来、噴火活動が再開しているため、煙が立ち上っていることがよくあります。最近では2013年に本格的な動きがあり、噴出された灰が空を覆い、飛行機もこの付近を通ることができませんでした。標高5,426mの頂上まで登るのはそれほど難しくはありませんが、片道に最低6時間はかかります。

ポポカテペトル山
ポポカテペトル山

メキシコシティ

双子の兄弟の絆

ポポカテペトル山は約73万年前に誕生した成層火山で、固まった溶岩がいくつもの層をなしている円錐型の火山です。メキシコシティから約70kmの距離にあり、「双子の兄弟」と言われているイスタシワトル山に繋がっていて、2つの火山の間には、16kmにわたる山稜があります。火山活動が活発な場合は、登山をする代わりに山稜沿いのツアーに参加すると、ポポの素晴らしい景色を見ることができます。メキシコシティのさまざまなツアー会社が、ポポカテペトル山とイスタシワトル山のガイド付きツアーを催行しています。

イスタシワトル山から見たポポカテペトル山の景色
空から見たポポカテペトル山

“火山の斜面には16世紀の修道院が14カ所も点在しています”

史跡

ポポカテペトル山では自然や景観を楽しめるほか、面白い史跡も見学できます。火山の斜面には16世紀に建てられたスペインの修道院が14カ所もあり、スペイン統治時代のメキシコの歴史を垣間見ることができます。スペイン人は原住民をキリスト教に改宗させようとして修道院を建てました。修道院はすべて見学可能です。特別な修道院ルートを行くと、道中11カ所の修道院を通ることができます。