ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ミッションスタイルブリトー

実は、サンフランシスコはブリトーで有名なことを知っていましたか? メキシコ料理のブリトーは、世界中でランチやディナーに人気ですが、サンフランシスコでは、独自のひねりを加えて、「ミッションスタイルブリトー」が生まれました。サンフランシスコ滞在中に、絶対1回は食べることを「ミッション」にしてみては?

ミッションスタイルブリトーは、1960年代にサンフランシスコのミッション地区で誕生しました。主にラテン系の人々が住むエリアで、当然ながら、「タケリア」と呼ばれるメキシコ料理のファストフード店がたくさんあります。ミッションスタイルブリトーには、豆、ワカモーレ(アボカドソース)、サワークリーム、肉、野菜が入っています。他のブリトーとの大きな違いは、その巨大なサイズと米が入っていること、そして中身がこぼれないようにアルミホイルでくるまれていることです。

カラフルなミッション地区
カラフルなミッション地区

サンフランシスコ

完璧なブリトー

議論の余地なく

サンフランシスコでは、政治、宗教、そして街で一番美味しいタケリア、この3つについて議論してはならないことが暗黙の了解です。通行人10人にお気に入りのタコス店を聞けば、10通りの答えが返ってくるでしょう。それでもサンフランシスコの人々に共通しているのは、品質が一番大事だということ。具の米はただの詰め物ではなく、それ自体に旨みが必要です。豆は完璧に調理されていて、肉も良質でなければいけません。

とっても柔らかいポーク

「Taqueria San Francisco(タケリア・サンフランシスコ)」は、ミッション地区とポトレロヒル間の24番街の一角、タケリアが並んでいるタコス通りの端にあります。ここで出される肉はとても柔らかく、焼き串からほろりとほぐれた肉がそのままブリトーの上に落ちたのではないかと思うほど。人気はアルパストールブリトー(スローローストされたマリネ漬けポーク)。スチームチキンもあるので、どちらにするか迷ってしまいそうです。

+ 詳細を表示

“ミッション地区とポトレロヒル間の24番街の一角にあるタケリアが並ぶタコス通り”

地図で場所を見る

Taqueria San Francisco, 2794 24th Street, San Francisco

パパローテ・メキシカングリル

秘密兵器はサルサ

料理で大事なのは、新鮮な材料です。メキシコ料理店「パパローテ・メキシカングリル」でも新鮮第一を心がけており、肉は注文してから調理します。でも、このレストランの本当の秘密兵器はローストトマトのサルサ。深みのある濃厚でスモーキーな味わいが、噛みしめるごとに口の中いっぱいに広がります。このサルサは、サンフランシスコで大人気。家庭用に瓶詰めが販売されています。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

Papalote Mexican Grill, 3409 24th Street, San Francisco

揚げバナナが入ったブリトー

ブリトーの一番大事な具材はもちろん肉ですが、ベジタリアンの方に嬉しい具材も豊富にあります。「ザ・リトル・チワワ」の揚げバナナとブラックビーンブリトーは、この店のオーガニック肉のブリトーに負けないおいしさ。ベジタリアン用として肉を豆腐に置き換えているタケリアが多いなか、「ザ・リトル・チワワ」では違ったアプローチをとりました。ベジタリアンブリトーには、クリーミーな揚げバナナ、ローストしたペッパー、ブラックビーンとチーズが入っているのですが、びっくりするほど相性がよく、美味しいので、ぜひお試しください。

+ 詳細を表示

ザ・リトル・チワワ

地図で場所を見る

The Little Chihuahua, 292 Divisadero Street, San Francisco

写真提供

  • パパローテ・メキシカングリル: Papalote Mexican Grill
  • ザ・リトル・チワワ: Adam Fagen, Flickr