KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

アフリカの屋根

地平線に浮かぶ雪を頂く山は、アフリカではめったに見られない光景です。「アフリカの屋根」と呼ばれるキリマンジャロ山は、ライオンやキリンと同様にアフリカの象徴となっています。特別なロケーションにあることから、ハイキングや登山に絶大な人気があります。長時間かけて頂上まで登るのはためらわれる人でも、周辺の絶景を多いに楽しめるでしょう。

キリマンジャロ山は、実は3つの火山からできています。1973年に周囲のエリアも含めてキリマンジャロ国立公園に指定されました。現在、7万5,575ヘクタールに及ぶ園内には、熱帯雨林、高地砂漠、氷河が含まれています。周囲の地形から5,000m高くそびえ立つ標高5,895mのキリマンジャロ山は、連山に属さない独立峰として世界一の高さを誇ります。

キリマンジャロ山の夕暮れ
キリマンジャロ山の夕暮れ

キリマンジャロ

頂上を目指して

キリマンジャロの山頂へは体力のある人なら誰でも登れますが、頂上の標高はおよそ6,000m、山裾は平均900mの位置にあり、行程は長時間に及びます。専門的な登山用具は不要で、緩やかな登山道は登山用ストック1本あれば大抵は問題なく噴火口の縁まで登ることができますが、防寒着と忍耐力は必須です。壮観な山道は熱帯からスタートし、終点は雪山になります。山裾の緑の森にはゾウやヒョウ、サル、バッファローの姿があるものの、山頂は、耐候性の高い植物と地衣類が岩肌にようやく見られるのみです。最も易しいルートでも、終日歩いて5日以上かかるため、標高差には徐々に体を慣らしていくことができます。「ウフル」と呼ばれる山頂もさることながら、登山途中の景観や眺めも楽しむ価値があるので、慌てずじっくりと堪能するといいでしょう。

アフリカの最高峰
究極のごほうび

1日の楽しみ方はいろいろ

もちろん、雪の積もるキリマンジャロ山頂を制覇することがすべてではありません。キリマンジャロの山腹も魅力に溢れており、さまざまなアクティビティが楽しめます。最もアクセスしやすいのは、国立公園の低地部分にあるハイキングトレイルです。四輪駆動の車を走らせて、多種多様な動物の生息地として知られるシラ高原を訪れてみるといいでしょう。また公園の東部にあるチャラ湖はターコイズブルーの美しい湖で、マスなどの魚釣りを存分に楽しめます。

+ 詳細を表示

チャラ湖

地図で場所を見る

Kilimanjaro National Park

写真提供

  • チャラ湖: Flickr: Peter Steward