ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

シドニータワー

シドニーのシンボルは港。他には特に目立つ建物がないのですが、唯一の例外がシドニータワーです。エッフェル塔とほぼ同じ高さがあり、この309mの巨人と比べると、有名なオペラハウスもハーバーブリッジもまるで小人のようです。

シドニータワーがあるのはCBDと呼ばれる商業地区の中心部。比較的新しい建物で、1981年に完成しました。落成後それほど年数は経っていませんが、既に何度も名前が変わっています。最新の名前は「シドニータワー・アイ」。現地では、ただ「シドニータワー」と呼ばれています。シドニーの素晴らしい景色を眺めることができるレストランが数軒あり、最上階には展望台があります。

地上309mのシドニータワー
地上309mのシドニータワー

シドニー

とうとう到達!

シドニータワーの建築が決定したのは1968年ですが、完成したのはかなり後。企画と建設に13年を費やし、やっと完成式の幕が開きました。それでも完全に工事が終了したわけではなく、さらに作業は数年継続しました。1998年には、高さ279mから309mに増築し、避雷針も設置しました。10年後の2008年には、下層部のショッピングセンターを含めてタワー全体の大改装が行われました。

今では、40秒でタワー最上階に到着できる高速エレベーターがあります。タワーは棒の上に金色のバスケットを載せたような形状で、バスケット部分の8階にわたって420枚の窓が張り巡らされています。ここには高級レストランフロアとビュッフェスタイルのレストランのフロアもあり、2つの飲食店フロアがそれぞれ逆方向に回転しています。2005年には、レストランの上の階にスカイウォークが設置されました。目のくらむようなガラスの床は地上268m。スカイウォークへのアクセスには、ガイドツアーの予約が必要です。

タワーからの眺め

4Dシネマ

3D画像で満足できないなら、シドニータワー・アイの新しいアトラクションをお試しください。タワー4階にあるこのシネマでは、シドニーの街並み、ビーチ、港の3D映像に、風、シャボン玉、そして火など、さまざまなエフェクトをかけて第4次元を生み出します。これでシドニーとその周辺の風景を楽しめることは間違いありません。4Dシネマの外にもインタラクティブな情報コーナーがあり、展望デッキにある多言語タッチスクリーンで、眼下に広がる広大な街について学ぶことができます。

“風、シャボン玉、そして火までも体験する4Dシネマ”

写真提供

  • タワーからの眺め: David Vespoli, Flickr