KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

ゴッホ美術館のハイライト

ゴッホ美術館を訪れる体験は、他の何とも比較できません。ゴッホの作品をこれほど多く集めた美術館は、世界広しと言えども他に存在しないからです。ここでは、ゴッホの作品の変遷を詳細にたどることができます。この美術館では、常設展だけでなく、さまざまな企画展が開催されています。

ゴッホは今日、世界で最も有名なオランダ人画家の1人ですが、その存命中に売った絵は1枚しかありませんでした。特にフランス滞在中、ゴッホはものすごいペースで制作に取り組み、1日数枚も描くことがありました。この美術館では、絵画200点、素描500点以上、さらにおびただしい数の書簡を見ることができます。好き嫌いは個人差によるため、ゴッホ美術館の5大作品を挙げることなど不可能です。とはいえ、人気の高い5作品ということで、以下のリストをご覧ください。

世界最大のゴッホ・コレクション
世界最大のゴッホ・コレクション

アムステルダム

ゴッホの『ひまわり』

ひまわり(1889年)

1889年の夏、ゴッホは南フランスのアルルに住み、ひまわりを主なモチーフとした一連の作品を制作しました。これらの作品は、友人のポール・ゴーギャンが当時滞在していた客間を飾るためのものでした。最終的にゴッホは4点を仕上げましたが、ゴーギャンの寝室にふさわしいと判断したのは2点だけでした。後にゴッホはさらに3点を制作し、そのうちの1点がゴッホ美術館に展示されています。

馬鈴薯を食べる人々(1885年)

農家の食卓を描いたこの作品で、ゴッホは新境地を開きました。優れた人物画家を目指していたゴッホにとって、この作品は一種の集大成と言えるものでした。ゴッホはさまざまな構図を実験し、暗く抑えた色調を用いて、現実をありのままに描きました。他の多くの画家が現実を理想化していると、ゴッホは感じていたためです。

『馬鈴薯を食べる人々』
『画家の寝室』

画家の寝室(1888年)

この作品は、ゴッホがアルルでアトリエとして借りていた「黄色い家」の寝室を描いたものです。この作品の特徴は、コントラストのある明るい色使い、絵具を厚く塗り重ねる技法、そして風変わりな空間のとらえ方です。部屋の奥の壁が歪んで見えますが、これは手落ちではなく、現実に家のこの部分が傾いていたことによります。他の部分の物体が傾いて見えるのは、遠近法が守られていないためです。ゴッホは意図的に物体を平らに描き、陰影を省略することで、日本の浮世絵のような効果を達成しました。

アイリスのある静物(1890年)

1889年から1890年にかけて、ゴッホはサン=レミの精神病院に入院しました。この間、ゴッホは、自然を題材にした絵を描くことで現実からの逃避を求めました。精神が崩壊していった1890年頃に打ち込んだのが、花の静物画でした。紫色のアイリスの大きな花束を描いた作品のなかに、明るい黄色を背景にしたものがあります。補色を利用し、それぞれの色を強烈に浮き立たせた作品です。ゴッホは以前にも『アルル近郊の花畑』(1888年)で、アイリスを描きました。この花が、それほど彼の心を深くとらえていたのでしょう。

『アイリスのある静物』の詳細
『カラスのいる麦畑』

カラスのいる麦畑(1890年)

『カラスのいる麦畑』は、非常に有名な作品であると同時に、おそらく最も憶測を呼んでいる作品です。これが描かれたのは、死の数週間前。ゴッホ絶筆の作品とする説もあり、カラスの舞う陰うつな空と行き止まりの小路が死を予兆しているかのように見えますが、真相は謎のままです。麦畑は、ゴッホのお気に入りの題材でした。

美術館広場でリラックス

ゴッホ美術館、国立美術館、アムステルダム市立美術館は、いずれも美術館広場にあります。この大きな広場は、美術館鑑賞後のランチやドリンクに最適です。あるいは、単にベンチに座ってピープルウォッチングや日光浴をするだけでも、十分にくつろいだひとときを楽しめます。

+ 詳細を表示

美術館広場

地図で場所を見る

Van Gogh Museum, Paulus Potterstraat 7, Amsterdam, Netherlands

写真提供

  • ゴッホの『ひまわり』: The Van Gogh Museum
  • 『馬鈴薯を食べる人々』: The Van Gogh Museum
  • 『画家の寝室』: The Van Gogh Museum
  • 『アイリスのある静物』の詳細: The Van Gogh Museum
  • 『カラスのいる麦畑』: Niels, Wikimedia
  • 美術館広場: TonyV3112, Shutterstock