KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

コルコバードのキリスト像からの眺め

コルコバードのキリスト像は、リオを見下ろす標高710mの丘の頂上にあります。1931年に建造されて以来、腕を大きく広げた姿で街を見守るかのようです。高さ38mの像は、街のシンボルであり、年間何万人もの観光客が訪れます。

ペドロ・マリア・ボス司祭が丘の上にキリスト像を建てることを発案したのは1850年代。しかし、教会がようやく着工に必要な資金を集めたのは1921年でした。建築には10年の歳月を費やしましたが、待つだけの価値がありました。これほどの絶景を誇る彫像は、世界でもほとんどありません。

日暮れ時のコルコバードのキリスト像
日暮れ時のコルコバードのキリスト像

リオデジャネイロ

“キリスト像は、粘土を使いフランスで製作され、重さは1,145トンあります。”

パリからリオへ

像のポルトガル語名は「クリスト・ヘデントール」。「救世主キリスト」という意味です。幅28mもある巨大な像を設計したのは、技師のエイトール・ダ・シウヴァ・コスタ。ポーランド系フランス人のポール・ランドウスキがパリで粘土の原形を製作し、リオでその鋳型にコンクリートを流し込みました。

徒歩でもエレベーターでも

キリスト像へは、コルコバードの丘の頂上近くまでタクシーまたは登山電車で行くのが便利です。電車から降りるとエレベーターもありますが、体力に自信がある人は、像の台座まで222段の階段を上りましょう。丘の上に到着すれば、眼下に広がるシュガーローフ山、ファベーラ(スラム街)、都心部、白いビーチの光景は、えもいわれぬ美しさ。キリスト像がこの場所に建てられたのも、不思議ではありません。
コルコバードの丘の上にそびえ立つキリスト像

公園内で一杯のコーヒー

キリスト像を見学した後は、丘のふもとのラジェ公園でひと休み。公園の名前の由来となった実業家のエンリケ・ラジェは、20世紀初頭、ここに豪邸を建て、歌手で妻のガブリエラ・ベザンゾーニと一緒に暮らしました。1960年代以降、公園は一般に開放されています。園内の亜熱帯林を散策すれば、キリスト像周辺の人混みが嘘のよう。濃厚なブラジルコーヒーを味わうなら、エンリケ・ラジェ邸内のカフェへどうぞ。
エンリケ・ラジェの邸宅