ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

熱帯のソベラニア国立公園

パナマシティから車で30分も走ると、ソベラニア国立公園に到着します。この熱帯雨林には、数百種もの動植物が生息し、特に525種の鳥類がいることで有名です。パナマシティからの日帰りツアーも多数出ていますが、本当の熱帯雨林を知るなら、公園内に数日間滞在し、ジャングルで夜を過ごしてみましょう。

熱帯雨林が本当に活気づくのは夜。ここで夜を過ごす価値は絶対にあります。静寂を破る謎の音、サルの雄叫び、コオロギの鳴き声……。宿泊施設は、贅沢なガンボア・レインフォレスト・リゾートと小ぶりのキャノピー・タワーのいずれかを選べます。キャノピー・タワーは、かつて米国のレーダー基地として使われた塔。密林のはるか上に客室があり、すばらしい見晴らしです。

ソベラニア国立公園
ソベラニア国立公園

パナマシティ

ソベラニア国立公園のイエローバックド・オリオール

パイプラインロードの鳥たち

密林を貫く全長17kmのパイプラインロードは、世界的に有名なバードウォッチングスポット。最初の数キロは徒歩でも可能ですが、全ルートを制覇するならジープが便利でしょう。道沿いには観察台がいくつかあり、カッコウ、ハチクイモドキ、キヌバネドリ、カザリドリなど、数えきれないほどの鳥を双眼鏡で観察できます。公園内に生息する熱帯の鳥について学びたい方は、パナマ・レインフォレスト・ディスカバリー・センターへどうぞ。高さ40mの展望台から、見事な熱帯雨林を一望できます。
モンキー島のオマキザル

サルでいっぱいの島

もうひとつの見どころ、オマキザルの大群が住むモンキー島です。まず、パナマ運河を通り、人造湖のガトゥン湖まで行きます。船の上からでも、木にぶら下がっている白い顔のオマキザルが見えるかもしれません。サルたちはちゃっかり者で、船に乗り込んできて、オレンジをくすねて行くこともあります。船旅の途中、カイマンやクロコダイルなどのワニも探してみましょう。

先住民を訪ねる

熱帯雨林に住んでいるのは主に動物ですが、先住民も少数ながら暮らしています。エンベラ・インディアンは、パナマに7つある純粋種族のうちのひとつで、ガイド同伴で訪問することができます。細長いボートでチャグレス川をさかのぼり、密林の奥深く入っていきましょう。先住民はかつて農耕生活を営んでいましたが、熱帯雨林が国立公園となってからは農耕が禁じられています。このため今では、観光が最大の収入源。集落では先住民が伝統の装束をまとって、古来の風習や生活様式を紹介してくれます。
エンベラ集落の先住民

写真提供

  • エンベラ集落の先住民: Anton_Ivanov, Shutterstock