ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

フィンボスの茂みを散策

シルバーマイン自然保護区は、ケープタウンの人たちに人気のスポットで、新鮮な空気とオーシャンビューを求めてここへやってきます。この平和なオアシスは、テーブルマウンテン、ノールドホーク、サンバレーに囲まれた広大なエリアにある、賑やかな都市部の南に位置しています。シルバーマインは見渡す限り、ほとんど「フィンボス」で覆われています。フィンボスはケープ地方に特有の植生で、ルイボス、アロエ、グラジオラスなど、多様な固有植物が自生しています。南アフリカの国花であるキングプロテアは、この自然保護区でしか野生のものを見ることができません。

シルバーマイン自然保護区のフィンボスにはさまざまな植物、灌木、花が自生しており、それぞれ開花時期も異なるため、年間を通じてハイキングに最適なスポットとなっています。ルートを辿ると、目を見張るような山と海岸線の景色が広がり、グラジオラスの甘い蜜に誘われたタイヨウチョウなど、珍しい動物たちに出会えます。複数のハイキングルートから、自分にあった距離と難易度のコースをお選びください。ピクニックや南アフリカで人気のバーベキュー「ブライ」の準備もお忘れなく。

シルバーマイン自然保護区のフィンボス
シルバーマイン自然保護区のフィンボス

ケープタウン

シルバーマイン貯水池

水辺沿いを歩く

シルバーマイン川コースでは、オーカープゼベーグからはシルバーマイン川に沿って、貯水池まで散策できます。約1時間かけて、サトウキビ畑、自然の小池や沼のあるエリアを歩きます。道すがら、かわいいピンク色の花をつけた固有の植物のヴァージリアの木を見ることができるでしょう。ゴールは、19世紀に飲用水の供給源として作られたシルバーマイン貯水池です。現在、貯水池は、エジプトガンやたくさんの種類の魚の住処となっています。池で泳いだり、松の木の下でピクニックをするのもひとつの楽しみです。

+ 詳細を表示

名前の由来

シルバーマイン自然保護区の名前は17世紀、オランダ人の入植者がこの地域に銀があると信じたことに由来しています。その後、何度も探索が行われましたが、結局、銀が見つかることはありませんでした。鉱山業が興らなかったおかげで、フィンボスや周辺の景観もそのまま手つかずとなっています。

爽快なシャワー

シルバーマイン滝へ続く道は、かなり急な登り坂ですが、登り切ると谷の絶景を見ることができます。このルートは特に滝の水量が最も多い冬がオススメ。近づきすぎると、爽快な水しぶきがかかります。通常、夏の滝は干上がっていますが、トレイル沿いにすばらしい遺跡を見ることができます。

+ 詳細を表示

冬の滝

地図で場所を見る

シルバーマイン滝

美しい海の眺め

ゾウの目

ノールドホークピークへ続くハイキングコースもオススメです。全長6kmの道は曲がりくねっていますが、簡単なコースで、途中にケープ半島と海を望むことができます。ちょっと回り道をして、「ゾウの目の洞窟」に行ってみませんか? このすばらしい洞窟は、東から見るとゾウの目のように見え、一部が緑のシダで覆われています。ハイキングの後、お腹が空いたら、「スコッテルブライ」と呼ばれる丸底鍋を使ったバーベキューを楽しみましょう。

+ 詳細を表示

地図で場所を見る

ゾウの目

写真提供

  • シルバーマイン貯水池: mallix, Flickr
  • 冬の滝: James Cridland, Flickr
  • 美しい海の眺め: Chris Preen, Flickr