KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

北村韓屋村を散策する

韓国の伝統的家屋が密集する北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)を散策すれば、昔の韓国の雰囲気を体験できます。600年の歴史を誇る北村韓屋村は、西側の景福宮(キョンボックン)と、東側の昌徳宮(チャンドックン)というソウルで最も美しい2つの宮殿の間に位置しています。北村韓屋村は、他の歴史的集落のように観光客向けに建てられたものではなく、朝鮮王朝時代に高級官僚の貴族が住んでいた地域で、現在も少数ながら彼らの子孫が暮らしています。

李氏朝鮮王朝(1392~1910年)は世界の歴史の中でも長く続いた王朝の1つであり、今でも韓国の人々の暮らし方に大きな影響を与えています。支配層の権威や年長者に対する敬意、礼儀作法や言葉遣いなど、その影響は韓国の人々の日常の中にはっきり見てとれます。

伝統的な韓屋

北村(ブッチョン)にはおよそ900棟の伝統的な韓屋があります。韓屋は、石、木、土、藁紙を材料とし、瓦屋根はゆるやかな勾配を描いています。屋内に足を踏み入れると、板の間に薄い敷物を敷き、ちゃぶ台の周りに座布団を置いた昔ながらの調度品が設えられています。また、伝統工芸のワークショップに参加できる韓屋もあります。ワークショップのほか、北村東洋文化博物館や韓国美術博物館など、多くの博物館を擁する北村は、韓国の芸術文化の中心地として重要な役割を担っています。

“韓屋を訪ねて朝鮮王朝時代を偲ぶ”

景福宮

朝鮮王朝時代の逸品

北村韓屋村の西側にある景福宮は、朝鮮王朝時代の正殿であり、国内最大規模の王宮です。国王夫妻の寝所がある居住区域から、かつて華やかな宮中晩餐会が催された大宴会場まで、すべてが目を見張る美しさです。人工池に浮かぶ小島に建つ瀟洒なあづま屋も必見です。玉座のある謁見の間をはじめ、優雅な瓦屋根、装飾性豊かに彩色された軒や壁や鎧戸など、見どころが満載。合計300棟の建物にはおよそ6,000室の部屋があります。王宮を隅々まで見学するには8時間以上かかってしまいます。

景福宮の再建

李氏朝鮮を建国した李成桂は、1394年に宮殿の建設を命じました。16世紀半ばの大火で王宮は焼失しましたが、ゼロから再建されました。その後、朝廷の命を受けて豊臣秀吉が出兵した文禄・慶長の役(1592~1598年)で王宮は再び灰となり、景福宮が再建されたのは1865年のこと。再建されるたびに景福宮は新たな発展を遂げ、今もアジアで最も印象的な宮殿の1つとして知られています。