KLM uses cookies.

KLM’s websites use cookies and similar technologies. KLM uses functional cookies to ensure that the websites operate properly and analytic cookies to make your user experience optimal. Third parties place marketing and other cookies on the websites to display personalised advertisements for you. These third parties may monitor your internet behaviour through these cookies. By clicking ‘agree’ next to this or by continuing to use this website, you thereby give consent for the placement of these cookies. If you would like to know more about cookies or adjusting your cookie settings, please read KLM’s cookie policy.

ご使用のブラウザーが旧型のようです。
KLM.comのすべての機能を安全にご利用いただくには、ブラウザーを更新するか、別のブラウザーをお選びいただくことをお勧めいたします。 このバージョンを続けてご利用になると、ウェブサイトの一部が適切に表示されなかったり、まったく表示されない場合もあります。 また、お客様の個人情報のセキュリティに関しても、新しいバージョンのブラウザーをご利用いただくほうが安全性も高くなります。

 

世界的に有名な中国の遺跡

中国には驚くほど多くの文化遺産があります。万里の長城、西安の兵馬俑、北京の紫禁城など、広大な国土に、世界最高級の文化的財産が点在しているのです。ほかにも、観光客や考古学者が訪れておきたい場所が数多くあります。

中国には、廈門(アモイ)と上海のコロニアル様式の家並み、北京と四川の歌劇、チベットの僧院、紅河ハニ棚田、マカオの歴史地区など、素晴らしい場所がたくさんあります。こうした文化遺産の前では、ただ感服するばかりです。一度の旅行ですべてを見て回ることはとてもできないので、数多く足を運んで、中国を探索してみましょう。

紅河ハニ棚田
紅河ハニ棚田

地中に眠る財宝

1974年、農家の楊志発さんが西安近くの自分の土地で井戸を掘っていたところ、陶器の破片を見つけました。その時は大して特別なことだとは思っていませんでしたが、その後、考古学者が秦始皇帝陵を守る8,000体以上の実物大の兵士、馬、武器を発掘したのです。世界的に有名な「西安の兵馬俑」の兵士は、どれとして同じ様相のものはなく、発掘当時、兵士は、全身に衣装をまとっていました。紀元1世紀から地下に眠っていた兵馬俑ですが、驚くことに西安市周辺にはまだこのような兵馬俑があると考えられており、現在、考古学者が最新技術を駆使して、探索作業を行っています。また、漢陽陵の周囲からも兵士俑が発見されており、ホログラフィック映像で歴史を現代に蘇らせています。
世界的に有名な西安の兵馬俑
蘇州の古典的な池泉庭園

水が作る財宝

中国では古くから池泉庭園が好まれ、その歴史は少なくとも11世紀まで遡ります。最高の池泉庭園は上海に近い蘇州と杭州にあり、当時の貴族や役人が中庭の限られたスペースを最大限に活用して庭園を造っています。池、植物、岩、丘は細心の注意を払って配置されていて、庭園を散策して初めてその良さが分かるようになっています。現在は一般に公開されており、美しい蓮池、茶室、盆栽や竹が訪れる人々を迎えてくれます。庭園の気品ある風景は、今も昔も変わらず最大の魅力であり、東アジア各地で造られる庭園に影響を与えてきました。

天にある財宝

チベットの人々は何世紀もの間、空に届くような山の頂で仏教の教えに従いながら生活をしてきました。寺院や僧院は遥か辺境の地にあり、信者は、家からラサの寺院まで、何百キロにも及ぶ巡礼の旅に出ます。なかには一歩進むごとに手と膝を地面につけて平伏する人もいます。チベットを訪れたら、朱色の袈裟をまとった僧たちがデプン寺や、かつてダライ・ラマが暮らしていたポタラ宮で祈祷、修行する姿を見ることができるでしょう。
真っ白い雪をかぶったようなラサのポタラ宮

写真提供

  • 世界的に有名な西安の兵馬俑: meanmachine, Shutterstock