Information お知らせ

from KLM Japan
 

燃油サーチャージ Fuel Surcharge

日本国内で発券される日本発着KLMオランダ航空便の 燃油サーチャージの情報はこちらから:
2018年10月1日~11月30日発券分
2018年12月1日~2019年1月31日発券分

The information on the Fuel surcharge for tickets issued in Japan (Japan route):
For the tickets issued between October 1st 2018 and November 1st 2018
For the tickets issued between 1st December 2018 and 31st January 2019

 

成田空港ラウンジの変更について/Change of lounge at Narita Airport

2018年11月1日より、成田空港発KLMオランダ航空ご利用のお客様(ラウンジご利用対象者様)がご利用いただけるラウンジが、今までの第2サテライト4階にございます「デルタ・スカイクラブ」から、第1サテライト4階にございます、「ナリタプレミアラウンジ」に変更となります。15番ゲート前のエレベーターをご利用下さい。

As from 1st of November 2018, lounge at Tokyo Narita Airport for our passengers who are entitled to use will be changed from “DELTA SKYCLUB” at Terminal1 Satellite2 Level 4F to “NARITA PREMIER LOUNGE” at Terminal1 Satellite1 level4F.

Narita Lounge

 

アムステルダム・スキポール空港をご利用のお客様へ/Important travel information – Amsterdam Airport Schiphol

大切なお知らせ - アムステルダム・スキポール空港をご利用のお客様へ

アムステルダム・スキポール空港より出発するフライトをご利用のお客様は、保安検査場の混雑が予想されますので、出発時刻の3時間前を目安に空港にお越しいただき、お早めに保安検査をお済ませの上、ご搭乗口へお進みください。お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。



Important travel information – Amsterdam Airport Schiphol

Important notice for all travelers departing from Amsterdam: we ask you to be present at Schiphol Airport 3 hours prior to departure for all destinations (Europe and intercontinental). This is due to capacity constraints and waiting times at the security of Schiphol Airport.

 

サムスン電子社製ギャラクシーノート7持込禁止について Complete Ban on carriage of Samsung Galaxy Note7

KLMオランダ航空は、SAMSUNG(サムスン電子)社製Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)による事故報告並びにFAA(アメリカ連邦航空局)による指示に基づき、当該機器に関して、お客様に以下の通りお願い申し上げます。
・機内持ち込み手荷物、並びにお預かり手荷物としての輸送は一切承れません。
・リチウムイオンバッテリーを取り外した状態でも輸送することはできません。
お客様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 


The U.S. Department of Transportation has issued an emergency order banning the carriage of Samsung Galaxy Note7 devices from commercial air transport. KLM will comply with this emergency order and no longer allow customers to travel with this device in any form – whether on their person, in hand baggage or as checked baggage. This ban applies to all AIR FRANCE, KLM and KLM Cityhopper flights.
 

機内持ち込みおよび受託手荷物の制限について Prohibited items in cabin and checked baggage

安全上の理由により、エールフランス航空/KLMオランダ航空は、リチウムイオン電池で作動する機器や小型電動式の乗り物(ホバーボード、エアーボード、オックスボード、電動スケートボード、ウェーブボード、Uランナーなど)のお預かりを禁止いたします。この規則は、機内持込手荷物、受託手荷物両方に適用されます。


To ensure the safety, Air France KLM  no longer accepts any lithium battery operated self-balancing devices or personal movement devices, such as hoverboards, airboards, oxboards, e-skates, waveboards, u-runners, on board its aircraft. These items are prohibited as both carry-on and checked baggage.